「ピーチ HP」より

写真拡大

 2011年に入り、ANA(全日本空輸)やJAL(日本航空)といったFSC(Full Service Carrier:従来からあるフルサービスを提供する航空会社)が、相次いでLCC(Low Cost Carrier:いわゆる格安航空会社)に参入した。こうした動向に驚かれた人も多かったのではないだろうか。

 当時の筆者の率直な感想は「思い切ったな」であった。また、ナイストライとは思いつつも、日本のFSCのLCC参入に関しては正直うまくいかないのではないかと思っていた。なぜなら、とりわけ日本のFSCは保守的かつ高コスト体質であり、LCCに参入してもサービスを徹底して削減することができず、魅力的な低価格を実現できないと考えたからである。しかしながら、例えば、ANAが出資するピーチの2015年度の業績は売上479億円、営業利益61億円、営業利益率は約13%と極めて順調に推移している。

●LCCのビジネスモデル

 LCCの源流は1967年にアメリカ・テキサス州で設立されたサウスウエスト航空にまでさかのぼることができる。「社員第一、顧客第二」といった経営方針でも有名な同社は、現在まで順調にビジネスを展開している。その他、1985年にアイルランドで設立されたライアン航空は世界を代表する航空会社にまで成長するなど、LCCは欧米を中心に古くからメジャーな存在であった。一方、日本では1996年に設立されたスカイマーク(現在ANA傘下)がLCCの草分け的存在といえる。

 航空会社により多少の違いはあるものの、基本的にはどのLCCもサウスウエスト航空により考案されたビジネスモデルを採用している。例えば、同一機材(ボーイング737など)に揃えることにより、パイロットの訓練コストや整備コストを最小化する。空港使用料の安い地方の空港を活用する。エコノミーのみの1クラス制にする。キャビンアテンダントによる機内清掃に加え、預かり手荷物、座席指定、機内食の有料化など、徹底したコスト削減により、低価格を実現している。

 冒頭で述べたANAのLCC参入の背景に関して、日本経済新聞の連載「私の履歴書」(ANA元社長・大橋洋治氏)に興味深い話が載っていたので紹介したい。

 まず、そもそもの契機は香港を拠点とする投資会社の会長からの誘いであったということには驚いた。「お金はあるから、LCCをやってほしい」と畳みかけられたそうだ。その後、社内では「ANAがLCCをやってはいけない」など、反対の声も強かったようだが、「LCCに負けるようなANAなら、のみ込まれてしまえっ」といった社長の檄により、LCC参入が決定している。

 参入にあたっては、「FSC(ANA)の子会社路線ではなく、自立したLCCとして独自の発想でやらせる」という方針が固められており、これは現在の成功の大きな要因になっていると考えられる。なぜなら、ピーチの斬新なデザインやイメージ、LCCの王道を行く圧倒的な低価格は、この方針により実現していると思われるからだ。

 今後に関してANAは、「FSCとLCCを組み合わせることで、お年寄りから子供まですべてのお客様にご満足いただけるサービスを提供していきたいと思っている」とコメントしている。

 先日、筆者が受け持つゼミの学生との海外研修のために、あるLCCのサイトで全員分のチケットを予約することがあった。なかなか使い勝手の良いサイトではあったものの、預け入れ荷物の重さの選択、機内食の手配など、FSCと比較すると若干の煩わしさを感じた。現地到着は深夜、恐らく座席も狭いのではないかと危惧される。このように考えると、個人的にはFSCにしてもよかったと思う半面、何よりも価格を優先するであろう学生は大喜びするはずだ。

 FSCとLCCのそれぞれに対しては明確に異なる顧客のニーズがあり、今後もうまく共存していくのだろうとしみじみ感じた。
(文=大崎孝徳/名城大学経営学部教授)