@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

ルノーが英国で、セニック/グランド・セニックの「ハイブリッドアシスト」モデルを受注開始した。

・dCi 110 1.5ℓディーゼルユニット
・モーター(13ps)

このふたつを組み合わせることで、燃費:28.5km/ℓ(欧州複合)、CO2排出量94g/kmを実現するという。


ハイブリッドアシストのない「dCi 110 1.5ℓディーゼル」は、燃費が25.6km/ℓだから、約3km/ℓの向上を果たしたことになる。
 

ルノー式マイルドハイブリッド

このハイブリッドアシスト・システムは、ルノーにとって初の市販車採用となる。

・バッテリー(48V)電池容量:
150Wh

・バッテリー搭載位置:
後席下(セニック)/スペアタイヤハウジング内(グランドセニック)

・効果:
燃費改善、トルクアップ


ノンハイブリッドのディーゼル仕様と比較して、燃費向上だけではなく、1000rpmからのトルクに厚みが出るとルノーは話している。具体的には、dCi 110 1.5ℓディーゼル車と比較して、最大7.1kg-mのトルクアップを果たしているという。

また、減速時のエネルギー回生も可能だ。
 

セニック/グランド・セニック 「ハイブリッド」の価格は?

ハイブリッドアシスト仕様は、ノンハイブリッドのdCi 110 1.5ℓディーゼルより、£1,000(約15万円)以上高い価格付けとなる。

・英国現地価格
セニック・ハイブリッドアシスト:£25,055(368万円)〜
グランド・セニック・ハイブリッドアシスト:£26,855(394万円)〜