教室に見立てた部屋で、「英語レッスン丸ごと復習劇」! これは頭に入ります!  右側には「どこでもホワイトボード」

写真拡大

◎文法不要! 和訳不要! 書き取り不要! 
◎親は教えなくていい! 隣でただニコニコして座っているだけでいい!
◎「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格! 地方公立からハーバード合格!
◎週1回、たった75分の授業で、大学入試レベルの単語帳を小学生が音読!
……こんな英語教室が、九州の大分駅近くにあるのをご存じだろうか?
英語教室を運営する傍ら、これまで4〜18歳の3000人の子どもたちに実証済。長女が大分県の公立小中高からハーバード大学、ジュリアード音楽院合格とありえない成果を出し続けている、廣津留真理氏の最新刊『英語で一流を育てる──小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』が発売早々第4刷となった。
今回、再現性重視の観点から、最新ハーバード生200名リサーチを敢行。衝撃の事実が判明したという。
セレブ家庭でない普通の家庭の大分県の子どもたちに、どうやって本当の英語力をつけているのか? 
一体全体、どんな「奇跡の勉強法」なのだろうか?

小3と小1姉弟の
「英語レッスン丸ごと復習劇」とは?

 ちょうどこの小3〜小6の4年間もかけて導入される600語レベル(=英検5級、中学初級程度)の学習を家庭で効果的にしているMちゃん(小3)、Sくん(小1)姉弟のケースが面白いので紹介しましょう。

 なんと自宅の一室を英語教室に見立て、受けてきたばかりの私のレッスンを姉弟がお母さんの前で再現するというすごい発想の「英語レッスン丸ごと復習劇」です。

 2人は教室で英語を始め、7回のレッスンで中学初級レベル(英検5級)に到達!
 お母さんに伺うと、私が毎週100個出す英単語の宿題を、Mちゃんは1日で100個全部を読んでいるそうです。

 さらに、移動できる「どこでもホワイトボード」に、その週の宿題を貼りつけ、Mちゃんが先生役、Sくんが生徒役になり、冬休みには3回交互にローテーションを組んで問題を出し合う。ときにはお母さんも生徒役や先生役で加わったので、家族みんなで盛り上がったといいます。

 私のレッスンでは、英語未経験の小さな子も、1回目から高校1年レベルの英文と絵本をいきなり読まされます。
 絵本は英語の音声データを聞きながらしっかり文字を読んで、4回のレッスンで1冊または1章を暗唱します。

モチベーションが続くよう
姉弟の暗唱を録音

 Mちゃん、Sくんのお母さんは、モチベーションが続くよう、暗唱しやすく自分の発音がすぐにチェックできるよう、姉弟の暗唱を録音しています。

 お母さんいわく、

「マイクを持つと顔つきが変わり、日本人でなくなります」

 そうなんです! 子どもの可能性は無限大なのです!

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)