チェルシー移籍が決まったドイツ代表アントニオ・リュディガー【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間9日、チェルシーはローマからドイツ代表DFアントニオ・リュディガーの獲得を発表した。契約期間は2022年まで、背番号は2となった。なお、移籍金は3800万ユーロ(約49億円)が支払われるようだ。

 リュディガーは「チェルシーでプレーできるチャンスをもらえて素晴らしい気持ちだ。全ての選手がこのような機会を得ることが出来るとは限らないからね。チェルシーの一員になれてとても誇りに思う」と喜びを語っている。

 2015年にシュトゥットガルトからローマに移籍したリュディガーは在籍2年間で公式戦72試合に出場した。またドイツ代表として先月行われたコンフェデレーションズカップ2017にも4試合に出場し大会初優勝に大きく貢献した。

text by 編集部