西麻布の隠れ家レストランとして人気を誇る『サル ドゥ マキノ』。名物である「パフェ」をコースのメインにした期間限定コースが登場!

デザートの印象が強いパフェ。お店へ足を運んだことがある人は知っているだろうが、『サル ドゥ マキノ』のパフェは一味も二味も違い、食べた人に驚きと感動を与えてくれる。

料理、お店の雰囲気も満点な『サル ドゥ マキノ』。本命の彼女を誘って、特別なディナーを満喫してみるのはいかが?



※現在提供されているメニューではございません。
フランス・アルザス地方づくしの新コース

フランスの日本領事館で厨房を切り盛りした元“公邸料理人”である、店主・牧野雄太氏。

『サル ドゥ マキノ』の最大の魅力は、彼が本場で培ったフレンチのテイストに、日本料理の文化・伝統をミックスさせた料理の数々だ。



※現在提供されているメニューではございません。

6月から始まったのが、「アルザス地方」をテーマとした期間限定コース。

月替わりのコースメニュー内容のメインは、フルーツとシャンパンと鴨肉、フォアグラなどの食材を贅沢に組み合わせた冷静パフェ。

初めての人はもちろん、常連さんまでも訪れるたびに魅了する、『サル ドゥ マキノ』ならではの“フレンチ×和食”コースをご堪能あれ!


7月のコースメニュー(一部)

(通常コース:7,800円(税別)、スペシャルコース:11,000円(税別))




冷製
「地鶏コンフィ フォアグラ ラズベリーエスプーマ」

コース共通


クリームチーズ、じゃがいものマッシュ、ロゼワインジュレ、いちじくとさくらんぼの赤ワイン煮を組み合わせた、コースの主役。





「鱧磯辺 七夕盛り」

コース共通


下に敷かれた千切りの長いもは“天の川”を、星型のニンジンとオクラは“織姫と彦星”をイメージ。7月のメニューにぴったりな一皿となっている。




Viande
「ズワイガニのカニみそ茶碗蒸し サマートリュフ」

※スペシャルコースのみ


ズワイガニのカニ味噌を使用した、ひんやりと冷たい茶碗蒸し。旬を迎えたサマートリュフを贅沢にトッピング!




Viande
「金華豚 レバーパテ」

※通常コースのみ


希少な金華豚を、レバーパテ、クランベリーソース、柚子ソースで。仕上げに凍ったクランベリーをちらした、夏らしい一品。




食事
「うなぎ 麦とろ飯」

※スペシャルコースのみ


浜名湖産うなぎを、麦とろと合わせた絶品ご飯。夏バテ対策にもなる「うなぎ 麦とろ飯」は一度で二度美味しい!




食事
「パエリア風 十目飯」

※通常コースのみ


イカ、あさり、夏野菜など十種類の食材を使用した五目飯ならぬ、十目飯。かつお出汁がしっかり効いた、シメにぴったりのご飯だ。




「ドラキュラカクテル」
パフェだけじゃない!夏らしい爽やかな味わいの限定カクテルにも注目!

この夏限定で販売されているのがオリジナル「ドラキュラカクテル(税込880円)」。

吸血鬼をイメージして作られた真っ赤な見た目は思わず写真に撮りたくほど!トロピカルフルーツを組み合わせ、爽やかで飲みやすい一杯となっている。

普段あまりお酒を飲まない女性でも、ぜひ飲んでみてほしいカクテルだ。




カウンターから予約が埋まっていくほど、人気のカウンター席。間近で見れるシェフの繊細な仕事もご馳走のひとつ
どんなシーンでも活用できる『サル ドゥ マキノ』

西麻布交差点から徒歩1分のところにひっそりと佇む一軒家『サル ドゥ マキノ』。

店に入ってすぐに迎えるのは、フルオープンキッチン。目の前のカウンターは予約困難なほどの人気席だ。

接待などの落ち着いた会食に利用するなら個室テーブル席がおすすめ。

友達とのお食事会で気軽に楽しめるカウンター、接待やデートなどの大切な食事には個室で。利用する用途に合わせて、好みの席を予約してみて。



テーブル席



特別個室席




『サル ドゥ マキノ』外観
■店舗概要

店名:サル ドゥ マキノ(Salle de Makino)
住所:港区西麻布2-12-6
電話:03-6805-1653
営業時間:18:00〜23:00(L.O.21:00)
席数:25席(カウンター&テーブル)
HP:http://salledemakino.com/
facebook:https://www.facebook.com/
Salle.de.Makino/