キラキラ…! - 雫役の新木優子、頼役の吉沢亮、昴役の杉野遥亮
 - (c) 2018 白石ユキ/小学館・「あのコの、トリコ。」製作委員会

写真拡大

 「Sho-Comi」(小学館)で連載された白石ユキの人気漫画「あのコの、トリコ。」が吉沢亮、新木優子、杉野遥亮の共演で実写映画化されることが明らかになった。幼い頃に「将来スーパースターになる!」と誓い合った幼なじみ三人の恋物語を、芸能界を舞台にキラキラと描く。

 「仮面ライダーフォーゼ」で注目を浴び、『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』など話題作が目白押しの吉沢が演じるのは、引っ越しで幼なじみと離れ離れになり、スーパースターとは程遠い地味で平凡なメガネ男子となった頼(ヨリ)。二人の幼なじみ、雫(シズク:新木)と昴(スバル:杉野)がそれぞれ人気モデル、人気俳優になっていることを知り、何かに突き動かされるように雫のいる高校に転入。ひょんなことから雫を助けるためにCMに出演することになり、さえないメガネ男子からその場の空気を一瞬にして変えるミステリアスな少年に変貌した頼は、一躍注目されるようになる。

 吉沢は「原作を読んだ時、男目線で話が進んでいくということが、すごく珍しいと思いました。鈍臭い男の子が主人公で、彼の成長物語が少女マンガであるということが、面白いと思います。なので、僕の恋している表情とか、受けの芝居でキュンキュンさせなければいけない部分が多く、結構プレッシャーです」とコメント。「杉野くん演じる昴がめちゃくちゃキラキラなので、昴に負けないように、僕が演じる頼の成長していく様をきちんと意識して、最後まで頑張りたいと思っております」と意気込んだ。

 頼と昴の二人から思われる想われる雫役は、テレビドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」などへの出演で知られ、non-noモデルとしても活躍する新木で「メインの3人が芸能界で活躍しているというのも、すごい今っぽいと思います。この作品をみて、芸能界にちょっとでも興味のある人の背中を押すことができるような、そんな作品になると思います」とのこと。昴役の杉野(『兄に愛されすぎて困ってます』など)も「東條昴という男は、すごくカリスマ性があってキラキラしていて掴みどころがない。僕も一生懸命考えて役を作っていきたいと思っています」と続いた。

 原作者の白石はこのキャスティングには大満足のようで「実写となることでキャラクターたちがもっとキラキラしていくことと思います!」と期待を寄せている。監督は、テレビドラマ「最高の離婚」「ファーストクラス」などの宮脇亮が務める。(編集部・市川遥)

映画『あのコの、トリコ。』は2018年全国公開