天才青年役 - パウロ・コスタンゾ
 - Jim Spellman / WireImage / Getty Images

写真拡大

 米テレビドラマ「救命医ハンク セレブ診療ファイル」シリーズのエヴァン・ローソン役で知られるパウロ・コスタンゾが、キーファー・サザーランド主演の「サバイバー:宿命の大統領」のレギュラーに加わったとDeadlineなどが報じた。

 パウロが演じるのはホワイトハウスの新政務局長リオア・ブーン。エミリー(イタリア・リッチ)が連れてきた天才青年で、政治戦略などの面でホワイトハウスに手を貸すことになるという。

 カークマン大統領(キーファー)は彼の才能を認めてはいるものの、この次世代の政治的策士の駆け引きに不安を抱く。リオアの皮肉なものの見方とカークマン大統領の理想主義が真っ向から対立する場面も出てくるようだが、国民が米政府を再び信用するには、まずカークマン大統領を信用する必要があるというリオアの考えには大統領も同意せざるを得ず、リオアはそれを可能にする道先案内人になる人物だという。

 パウロは「ナイト・オブ・キリング 失われた記憶」「エクスパンス -巨獣めざめる-」などにも出演している。(澤田理沙)