Mr.Children、高橋一生ら出演ドコモ新CMで未発表“デモ音源”使用 dヒッツで楽曲配信もスタート

写真拡大

 Mr.Childrenと株式会社NTTドコモのタイアップCM第一弾として「25年前の夏」篇(予告編)が、7月10日より全国エリアにてオンエアされる。

(関連:Mr.Childrenはなぜ今“普通のロックバンド”を謳歌? 25年のキャリアから考察

 同CMは、NTTドコモとMr.Childrenが25周年を迎えることを記念し制作された。今回オンエアされるのは、7月18日に特設サイトにて公開となる25周年ムービーの予告編。CM内では1992年リリースのMr.Childrenのデビューシングル「君がいた夏」や「365日」のほか、まだ歌詞のついていない“デモ音源”(未発表/タイトル未定)を使用している。「この25周年をただ振り返るだけではなく、まだ未完成な未来に向かって、勇気を持って進化し続けていきたい」というCMのメッセージにMr.Childrenも共感し、今回の楽曲提供に協力したという。

 CMの舞台は25年前の1992年・夏で、主人公の父役として高橋一生が、母役として黒木 華が登場。2人の出会いから、2017年に清原果耶演じる主人公が17歳になるまでの物語で、父の高校生時代は高杉真宙が演じている。

 またこれを機に、音楽配信サービス・dヒッツでは、Mr.Childrenの楽曲配信をスタート。スペシャルプログラムの第一弾は、CMタイアップ曲を中心にした構成となる。今後は「通信×音楽」をコンセプトに、5Gを見据えた新体感エンタテインメントコンテンツを提供していく予定だ。(リアルサウンド編集部)