バッテリー不要で動作する携帯電話を、米ワシントン大学の研究者グループが開発し、試作機で実際に電話を掛ける様子のデモ映像を公開しています。

電池不要、周囲の光と微弱な電波で動作

バッテリー不要で動作する携帯電話は、米粒ほどの大きさのダイオードがキャッチする周囲の光と、微弱な電波の両方を電力に変えて動作します。
 
動作に必要な3.5マイクロワットの電力で、約15メートル離れた場所にあるベースステーションと通信し、Skype経由で電話をかけることに成功しています。
 

 
公開された試作機は、基板と数字がプリントされたタッチキーなど、市販の部品を使って組み立てられています。
 

 
音声を聴くにはイヤホンを使用し、話す時にはボタンを押してマイクに向かって話しかけます。
 

Wi-Fiルーターさえあればどこでも使える可能性

研究グループのバムシ・テラ氏は、現在の試作機を、E Inkを使ったディスプレイを装備し、ビデオストリーミングも可能になるよう、改良を進める計画を明かしています。

 
さらに、「全ての家庭にWi-Fiルーターがあれば、バッテリー不要の携帯電話がどこでも利用できるようになる」と将来の見通しを語っています。
 
以下が、バッテリー不要で動作する携帯電話のデモ映像です。
 

 
 
Source:ワシントン大学 via Mashable
(hato)