アーセナル移籍噂のマフレズ、レスター監督が「干すかも」と苦言

写真拡大

『Guardian』は7日、「レスター・シティのクレイグ・シェイクスピア監督は、リヤド・マフレズの態度に苦言を呈した」と報じた。

今夏レスターからの退団を明言しており、アーセナルへ移籍するのではないかと言われているマフレズ。

しかしそれからあまり話は進んでおらず、レスター・シティのプレシーズンキャンプもスタートすることになった。

シェイクスピア監督は彼の動きについて以下のように話し、彼はプロフェッショナルであるべきだと指摘した。

クレイグ・シェイクスピア

「選手が退団希望を公にすることは残念だ。しかし、これも現代のサッカーであると理解しなければならないと思う。

彼は希望を公にした。その立場も我々は分かっている。しかし、究極的に言えば彼はこのクラブと契約している人間なのだ。

マフレズはプロフェッショナルでなければならないよ。我々は彼とともにプロフェッショナルであらなければいけない。しかし、もっと重要なのは彼が責任を持つことだ。選手やスタッフ、サポーターにそれを見せなければならないと思う。

もし彼が決断を下したならばそうしなければならないし、我々に対する忠誠を見せないのならば、プレーすることはないだろう。

マフレズは我々と契約している。したがって、それを彼は理解しなければならないよ」

「我々はなんの入札も受けていない。何もなければ、決断を下すことはない。

彼は私のやっていることを知っているし、リヤドは出来るだけ正直であろうとしている男だ。

もちろんファンは残念がるかもしれないが、私は彼と膝を突き合わせて話す必要がある。マフレズが何を考えているのか、何を感じているのかを知るために。

私は彼といつも良い関係を持っていた。しかし選手が退団したいとしても、契約はある。それを尊重しなければならない。退団したいなら入札がなければならない。我々はそれに反応するだけだ」