どんな男子と付き合っても、長く続く子もいれば続かない女子もいますよね。たぶんそれ、居心地の問題……。
男子だって「この子といるのは居心地が悪い……」と思えば関係を続けようとは思いません。こんな彼女は、居心地悪い! と思われやすいので要注意。

浮気の心配が絶えない

男友達と頻繁に連絡を取っていたり、よくパーティーに参加してたり――と男子と出会う機会が多いとなると、彼氏としては彼女のことを信じていても「もしかして、他の男と……?」と不安になることも。
また彼女の口からよく他の男の話が出ると、嫉妬と同時に「浮気してるんじゃ……」と疑ってしまうこともなきにしもあらず。常に浮気の心配が絶えないと、彼も心が疲れます。そんな状態が続くと、安心感のなさから居心地も悪く感じてしまいがち……。

交友関係をいちいち探ってくる

彼のことが大好きすぎて、彼の交友関係が気になる女子も多いはず。でも男子的には、交友関係を変に詮索されたくないはず。いちいち詮索されると「信用されてないのかなぁ……」「またそれ聞くの……? 別にやましいことないのに……」とゲンナリしてしまうことも。会うたびに彼女にいちいち聞かれるとなれば、知らず知らずのうちに居心地の悪い彼女に成り下がってしまいます。気になったとしても、しつこく聞かない方が賢明です。

喜怒哀楽がわかりづらい

表情が読めないと、何を考えているのかわからないので、彼も接しずさを感じてしまいます。彼に嫌われないように感情を抑えている子もいると思いますが、それ、結構マイナスですよ。しっかり喜怒哀楽を出した方が彼も嬉しいし、接しやすいです。「正直何考えているかわからない……」なんていう子と一緒にいるのは、居心地いいとは思いません。

ベッタリ依存してくる

彼女に甘えられて嫌な彼は少ないもの。でも依存となれば話は別。彼女にベッタリ依存されるとただただ重い……と思う男子は多いです。少し頼られるくらいなら男子も「かわいいな……!」と思いますが、なんでも彼任せ、ベッタリ頼りきり……ではしんどさから居心地も悪く感じます。

自分の話ばかりする

モテる子はこぞって聞き上手と言いますが、常に自分の話ばかりする女子の聞き役としてすごすのは、男子的には居心地が微妙かも……。モテるために聞き上手を演じる必要もないですが、彼の話を聞くのもコミュニケーションです。彼だって、いつも話を聞いてばかりいるよりも自分の話を聞いてもらった方が居心地よく感じるはず。一方的に話すのではなく、お互い話すバランスを考えましょう。

無言の時間が苦痛

何も話さない“無言の時間”も気にならない! という人と一緒にいると、安心感というか落ち着く感じはありますよね。でも無言の時間がなんだか緊張して居心地悪く感じてしまう……というのであれば、それはもしかしたらふたりの相性がよくないのかも。もし女子側が「無言の時間、苦痛だな……」と思っているなら、彼も同じように感じていることがほとんどです。