好きな人にいつまでも愛されたい。そう思う女性は多いでしょう。しかし男性は付き合いが長くなると、“釣った魚に餌をやらない”状態になりがち。

そのため、構ってちゃんになってしまうと、「面倒くさい」と思われてしまい、女子としては辛いところですよね。



出典:https://www.shutterstock.com

でも、すべての男性が必ずしもそうではないと思います。

付き合いが長くなっても、変わらず彼女のことを愛してくれる、そんな彼氏も確実に存在します。

今回は、そんな“愛され彼女”になるために心掛けたいことをまとめました。

 

■感謝の気持ちを忘れないこと

「彼が家まで迎えに来てくれたら、“わざわざ来てもらって悪いね”“アイス食べる!?”って、私もなにか彼にしてあげるようにしてます。して当たり前の態度じゃよくないなと思うから。」(27歳/女性/アパレル)

付き合いが長くなっても仲のいいカップルは、相手への感謝を忘れません。相手がしてくれたことに「ありがとう!」と気軽に言える仲なので、日頃からどんな小さなことも言いやすい雰囲気づくりがしっかりとできています。

たとえばデート中、彼が奢ってくれることもしかりでしょう。

奢って当たり前の態度では、彼は「なんで俺ばっかり……」と思ってしまうかもしれません。

「奢ってくれてありがとね」「美味しかった〜!」とお礼が言えることはもちろん、「コレ、○○にあげる!」「似合うと思って」といったように、プレゼントをあげるとか。

相手に尽くす姿勢をあなたからも見せられるといいですね。

 

■自分磨きを怠らないこと

「私がそう見えるだけかもしれないけど、付き合っている彼はルックスもスタイルもいいし、オシャレだから、私もデート中の格好は頑張ってます(笑)オシャレをするとキレイにかわいくなれるから、単純にオシャレしたいっていうのもありますけどね。」(26歳/女性/サービス)

男性はなんだかんだ言って、女性の見た目に弱いもの。恋に落ちる瞬間も、男性のほうが相手の見た目がきっかけになることが多いでしょう。

とはいえ、彼のためにオシャレをするというのも、恋愛に一生懸命になっている女の子という感じで、重たく見られてしまいそう。

見た目に限らず、交際中でも自分磨きをすることって大事だと思います。たとえば趣味を持つとか、交流関係を広げるとか。「最近、職場の先輩とバレー始めたんだ」なんて、彼女の口から聞かせられては、男性は「マジ!?」とあなたの変化に魅力を感じるはず。自分を成長させることと、彼を夢中にするための努力を怠らないようにしましょう。

 

■恋愛が楽しめていること

「“彼にとって不可欠であること”だと思う。なにかあったら一番に相談に乗ってくれるとか。○○と一緒にいると心が癒されるとか。なんでもいいんですけど、彼のために益になるなら、何年経っても関係は変わらないと思います。」(27歳/女性/IT)

どうして彼のことが好きなのか。好きに理由はないと言いますが、「彼でなきゃ!」と思うポイントがあるからこそ、付き合っているのではないでしょうか。

それは男性も同じだと思います。自分の良さに目を向けながら、最近の彼との関係を振り返ってみましょう。

優しくて素直な性格が良さだったのに、最近ちょっとワガママが過ぎる。明るく前向きな性格が取り柄なのに、最近仕事やプライベートで沈みがちであるとか。

恋愛は相手がいて成り立つものです。相手にいい影響を与えられる自分を意識して、彼との恋愛を楽しむ意識を持ちましょう。

 

これらのポイントが備わっている女性なら、男性は何年経ってもあなたのことが好きでい続けると思います。付き合いが長くなってきたら、ぜひ意識してみてください。

【画像】

※  Vera F/shutterstock

【関連記事】

※ 君にだけ。男性が「本当に好きな女」だけにするサイン

※ 愛されるにはワケがある。「男を飽きさせない」いい女の秘技

※ 「一生守ってやる!」男に本気で愛される女性の特徴

※ 求め過ぎちゃダメ。結婚後も「ずーっと愛される女子」の特徴

※ 誰よりも愛される…♡「恋コスメ」でつくるモテモテ幸せフェイス

※ 香りで季節を先取り!アメリカで最も愛されるキャンドルブランドの新作をチェック