Qolyとユーザーで選ぶJ1前半戦ベストイレブン 〜DMF&CMF部門〜

写真拡大 (全6枚)

2017シーズンのJ1も第17節が終了した。つまり、今季の上半期が終わったというわけだ。

「はたして、今季の上半期でベストイレブンを選ぶとしたらどういう顔ぶれになるだろう…」

筆者は開幕から二ヶ月後に少し気が早いベストイレブンを独断で選出させて頂いたが、今回は、Qolyユーザーの方々の協力も得つつ、上半期のベストイレブンを改めて選んでみることにした。

前回の「GK&DF部門」から話題はDMF/CMF部門に。引き続き、Qoly編集部Tさんとの対談形式でお楽しみ頂きたい。

編集部T(以下――):さぁ、いよいよ、次は中盤に目を移します。まずはディフェンシブミッドフィルダー(DMF)の選考を。Twitterのアンケートでは、セレッソ大阪の山口蛍が一位。二位は柏レイソルの大谷秀和。三位は浦和レッズの阿部勇樹でした。

「ディフェンシブミッドフィルダー」という定義が難しいところですが、順当な結果と言えば結果ですかね。

山口蛍はこのポジションでの選考が適切なのか意見が分かれるところだと思いますが、コンビを組むソウザのほうが前に出るので、入れるならこっちですかね。大谷も同じく迷うところですが…。

――正直、選考時にどうしようか迷ったのが実情です…(汗)

近年のJリーグには「ザ・守備的ミッドフィルダー」という選手が減りましたね。世界的なトレンドとも言えますが、Jリーグはアンカーを置くチームも限られていますし、「ボランチ」というポジションが攻守両面で貢献するのが当たり前になってきています。

古くは、柱谷哲二、森保一、本田泰人。その後も、戸田和幸、鈴木啓太のように、守備に重きを置く代表格がいたんですけどね。

今野泰幸が一時はその系譜を継ぐかと思いましたが、今は攻撃色が強くなっている。彼の場合は、元々のプレースタイルに戻った感じですが。

――年々、選考基準が難しくなっている気はします。その中で「今季のベストは誰か?」となると、やはり、上記の三選手でしょうか?

必ず入ってくる名前でしょうね。

ただ、山口蛍については、開幕から数試合は決して良かったわけではないので、悩みどころではあります。

後は、個人的には、守備面よりも攻撃面のほうが印象は強いです。守備範囲の広さを活かしてカバーリングやインターセプト能力の高さは相変わらずですが、奪ってから縦にいれるパスが光っていました。セレッソ大阪のカウンターアタックにおいて重要なキーマンですよね。

なので、より守備面を評価するとなると、大谷だったり、阿部のほうが評価されるのではないでしょうか。

今季の柏レイソルは攻守両面でアグレッシブで非常にバランスが良いですが、それを支えているのは言うまでなく大谷です。実質Jリーグ一年目の手塚康平が高評価を受けていますが、大谷のサポートがあってでしょう。ピンチの芽を未然に摘む力、チームのベクトルを整える力はJリーグ屈指だと思います。まぁ、今季は「ここぞ!」での決定力も目立っていますが…。阿部も限りなく近い印象ですね。

――他にリストに入ってきそうな選手はいますか?

実は、個人的には、レオ・シルバが前半戦のベストプレーヤーだったと思っています。

ただ、途中で故障により離脱していた期間やチームがターンオーバーを敷いていたこともあり、先発出場の数は全17試合中10試合なんですよね。だから、そこをどう見るかで評価は分かれるかもしれません。ただ、出場したほとんど試合で文字通りMVP級の存在感でした。

後は、同じような話で言えば、ガンバ大阪の今野泰幸、ヴィッセル神戸の藤田直之、北海道コンサドーレ札幌の深井一希もそうですね。

逆にコンディションが回復してから評価を上げていったのが、横浜FMの扇原貴宏であったり、川崎フロンターレの大島僚太です。この二人は、共にレジスタ的なイメージが近く、攻撃面での貢献度が高いですが。

――しかし、名前を挙げ出すと止まらないですね。

ですね…。選考基準が難しかったり、決め手にかけるとも言えますが。

他にも、ジュビロ磐田のムサエフであったり、FC東京の橋本拳人も気になりました。

ムサエフは、ジュビロ磐田が上位進出してくれば、Jリーグアウォーズに登壇してもおかしくないでしょう。

元々は攻撃参加が好きな選手ですが、ここまでは相方の川辺駿を前に押し出す形でバランサーに専念しています。フィジカルを活かした球際の強さであったり、効果的なカバーリングであったり、チームへの寄与は計り知れないです。

今季のジュビロ磐田は得点力に問題がありますが、その中で上位が見える順位につけているのは、彼が中盤で睨みをきかせていたからでしょう。

橋本については、個人的に期待している若手の一人なんですが、才能を感じさせるプレーを随所で見せてくれています。とりわけ、ボール奪取ですね。出足のタイミング、当りにいく強さ、ポジショニングの良さ、いずれももっと評価を受けるべきレベルです。

少年サッカーに携わる際に「ルックアップしろ」と子供達に教える指導者が多いですが、あれは、ほとんどが「ボールを持った時」、もしくは「ボールを持つ前」での話だと思います。

ですが、ボランチというポジションで大成するには、守備時のルックアップも重要になってきます。縦、横にいる味方との距離感であったり、相手選手のポジションをどれだけ把握しているかですね。あのポジションは一歩間違えるとチームのバランスを簡単に破壊してしまうので、この意識を高レベルで持った選手がいるかいないかで、チーム力は変ってくるものです。

そして、現在、Jリーグにおいてそれが最も出来ている若手が橋本です。状況判断力も試合を追うごとにレベルアップしている印象で、今季は得点を奪うシーンも増えています。得点力がそこまであるタイプではなかった彼がこのような成長を見せているのは、全体的に落ち着きが出てきたからではないでしょうか。

ただ、調子の波がまだまだ大きいので、今後はそのあたりを改善して欲しいですね。というより、そこがクリアできれば、日本代表も狙える逸材だと信じています。

――さて、ディフェンシブミッドフィルダー(DMF)の次はセントラルミッドフィルダー(CMF)です。こちらはより攻撃色の強い選手を選考対象にしました。Twitterでの投票ではセレッソ大阪のソウザが一位、二位はガンバ大阪の井手口陽介、三位は浦和レッズの柏木陽介となりました。まずはそちらの感想については?

個人的には「納得」ですね。

ソウザは本当にここまでハイパフォーマンスを続けています。ボールを奪う力もあって、パスワークもこなして、ドリブルでも持ち運べて、シュートも狙える。まさに「何でも来い」です。

このポジションにおいて、「最も相手チームに驚異を与えた選手は誰か?」と現場で質問すれば、彼の名前が挙がってくるんじゃないでしょうか。

井手口は、開幕するまではまだ準レギュラー的な立ち位置だったかと思いますが、もはや不動の存在になりましたよね。

ガンバ大阪は今野泰幸が故障で離脱する期間がありましたが、彼にとってはそれも大きな成長の糧になったと思います。「自分がなんとかしなくてならない」という意識が強くなったというか。責任感が見えるプレーが明らかに増えました。あれだけの活動量があって、球際も闘えて、攻撃の場面でも決定的な仕事が出来るわけですから、本当に末恐ろしいです。

柏木については、やはり、ボールを持ったら「違いを生み出せるな」という印象です。

浦和レッズはあれだけのタレント揃えていますが、それでも、柏木の存在は絶対的です。彼がいるかいないかでチームの色は全然変ってきます。それは、裏を返せば、柏木が活きない試合になると、不安定なゲーム運びになってしまうということですが…。

ただ、今季に関して言うと、数字(3ゴール8アシスト)は残していますが、もう少しゲームをコントロールして欲しかった試合がいくつかありましたね。

――上記三人以外でいうと、どの選手がベストイレブン候補に上がってくるでしょう?

まず思い浮かぶのはヴィッセル神戸のニウトンですね。フィジカルに秀でるだけではなく、技術も高く、ソウザと同様に攻守両面で持ち味を発揮できるタイプです。とりわけ、規格外のパワーでボールを運ぶ力はJリーグでも図抜けていますね。ブルドーザーのような迫力です。

ヴィッセル神戸は、今季序盤に首位に立ちましたが、その頃は本当にニウトンが効いていました。ヴィッセルは、ポドルスキの話題で今後露出度が増えていくでしょうが、それをきっかけにして現地観戦される方は、ニウトンのプレーも是非見て欲しいですね。

後はサガン鳥栖の原川力、ジュビロ磐田の川辺駿も印象深いですね。いずれも今季は名声を掴むチャンスなので、後半戦も期待したいところです。

他には、あまり目立ちはしませんでしたが、ヴァンフォーレ甲府の小椋祥平、大宮アルディージャの茨田陽生は安定していました。

ルーキーではアルビレックス新潟の原輝綺ですかね。彼は至るところで取上げられるようになってしまったので、詳細は割愛します(笑)