中国抗日戦争勃発80周年を記念して、日本の民間団体「日中戦争80年市民フォーラム」が主催する市民集会が8日、日本の国会前で行われた。

写真拡大

中国抗日戦争勃発80周年を記念して、日本の民間団体「日中戦争80年市民フォーラム」が主催する市民集会が8日、日本の国会前で行われた。同フォーラムは、「日本の指導者は歴史を直視し、あの戦争を真剣に反省すべき」と呼びかけた。人民網が伝えた。

参加者は発言の中で、かつて旧日本軍が中国で犯した重大な犯罪行為を振り返るとともに、日本は戦争を真剣に反省しておらず、真剣に反省していない人々が首相や閣僚の座に着いており、多くの国会議員が靖国神社を参拝していると指摘した。反省しなければ、不幸な歴史が繰り返される可能性があるという。

また参加者の指摘によると、旧日本軍は敗戦後、中国の大地に大量の化学兵器を廃棄し、中国国民は今なおその被害を受け続けている。菅義偉内閣官房長官はシリアにおける化学兵器使用に関してこのほど、強く非難するコメントを述べたが、日本は旧日本軍の遺棄化学兵器の処理については真に責任を負おうとしていない。これは容認できないことだという。

集会では普通の主婦も自ら発言し、「日本に最も欠けているのは加害者という視点で問題を考えることだ。日本の学校教育では広島と長崎の(原爆による)被害については詳しく教えるが、日本がどのような方法で他国の人々に加害行為を行ったかなどはほとんど取り上げられない。日本がかつて多くの国を侵略し、無数の人々の生命を奪ったことを次の世代に伝えるべきだ」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集KS)