【特集】君は覚えているか!? レアでワイルドなアメリカン・スーパーカーを振り返る!【第2回】
「アメリカにも、忘れてはならない数々のスーパーカーが存在した!」と主張する米国版Autoblog編集部が選んだ「アメリカン・スーパーカー特集」。第2弾では、フォード「マスタング」のチューニングで有名な2社が独自に開発したオリジナルのスーパーカーをご紹介しよう。

シェルビー「シリーズ1」
偉大なるキャロル・シェルビーは、優れた米国製パフォーマンス・マシンの誕生に最も貢献した人物だ。彼の功績はシェルビー「コブラ」や「デイトナ クーペ」、フォード「GT40」、ダッジ「ヴァイパー」など多くのマッスルカーに見ることができる。だが、この「シリーズ1」も忘れてはいけない。

伝説的なコブラの精神を受け継ぐモデルとして、シリーズ1は1990年代後半に登場した。長年シェルビーはフォードやクライスラーと提携していたが、シリーズ1にはゼネラルモーターズ(GM)のコンポーネントが使われている。エンジンはオールズモビル「オーロラ」の4.0リッターV型8気筒。計器類はポンティアックから、オーディオ・システムはビュイックのものが流用された。

だが、ボディのフォルムは100%純粋なシェルビー製だ。フロントにエンジンを積む後輪駆動の2人乗りロードスター。最高出力は320hpに過ぎないが、車両重量はたったの1,202kg。マツダ「MX-5 ミアータ」(日本名:ロードスター)の2倍に相当するエンジンを積んでいるにも関わらず、ミアータより少し重いだけだ。0-60mph(96.6km/h)加速はまずまずの4.4秒。最高速度は270km/hを超える。

製造権が売却されるまでに販売された車両は249台。だが、後にキットカーとしてさらに多くの台数がオリジナルに忠実な仕様で製作された。シリーズ1は、伝説的な人物であるキャロル・シェルビーが、白紙から作り上げた唯一のスポーツカーである。

サリーン「S7」
シェルビーと同じくマスタングのチューニングで知られるサリーンだが、こちらも独自のスーパーカーを開発したこともある。しかしそれは、シェルビーのシリーズ1とは全く異なる。

2000年に登場したサリーン「S7」は、スーパーカーとして一般的なミドシップにエンジンが搭載されている。エアロダイナミクスに優れる車体は、160mph(約257.5km/h)の速度ではトンネルの上に張り付いて走ることができるほどのダウンフォースを発生すると言われたが、実際に試した人はいないだろう。フォード製スモールブロックV8をベースにしたエンジンは、427キュービック・インチ(7リッター)の排気量から最高出力550hpを発生。バタフライ・ドアとカーボンファイバー製ボディを持つ車体を、0-60mphまで3.3秒で加速させるには充分だった。クォーター・マイル(約402m)は11.3秒。最高速度は220mph(約354km/h)に達する。

だが、まるでこれでは充分ではないとでも言うかのように、サリーンはツインターボチャージャーを搭載するバージョンを2005年に発表。最高出力は750hpに向上し、0-60mphは2.8秒に、クォーター・マイルは10.5秒に短縮された。最高速度は400km/h近くまで伸びるという。中には「コンペティション・パッケージ」を装着して1,000hpに引き上げられたクルマもあった。

S7は2000年から2006年まで、ツインターボ・モデルは2009年まで生産された。同社は2008年に「S5Sラプター」と呼ばれるそれに続くコンセプトカーを発表したが、残念ながら市販化には至っていない。しかし、昨年にはS7を再生産するというニュースも発表されたので、希望を持つことにしよう。

■関連記事
【特集】君は覚えているか!? レアでワイルドなアメリカン・スーパーカーを振り返る!【第1回】

■関連画像

【ギャラリー】 Shelby American Continuation Daytona Coupes10


【ギャラリー】New York 2008: Saleen S5S Raptor concept27