▽明治安田生命J1リーグ第18節、浦和レッズvsアルビレックス新潟が9日に埼玉スタジアム2002で行われ、2-1で浦和が勝利した。

▽8勝2分け7敗で8位に順位を落としている浦和(勝ち点26)が、2勝2分け13敗で最下位に沈む新潟(勝ち点8)をホームに迎えた。浦和は5日に行われたミッドウィーク開催の第13節延期分川崎フロンターレ戦に1-4で敗北。直近5試合で1勝4敗と大きく調子を落としている。さらに、川崎戦で退場処分を受けた遠藤が出場停止に。その穴を埋めるべく、浦和はベテランの那須を2試合ぶりのスタメンとして送り出した。そのほか、駒井を武藤へ変更した以外は川崎F戦と同様の布陣で臨んだ。

▽対する新潟は、クラブ史上ワーストとなる5連敗中。その5試合では2得点12失点と攻守に課題を抱えている。さらに今節は、0-2で敗北した前節のジュビロ磐田戦で警告を受けた、チーム内得点数2位のFWホニが累積警告で出場停止。泥沼の中、リーグ中断前最後の1戦に臨む新潟は、その磐田戦からホニを鈴木へと代える1名のみの変更に留めた。

▽3バックを採用した浦和が序盤から攻勢をかける。槙野や森脇がボールを運びワイドに開く関根に預けて勝負するという展開が続くと、10分に右サイドからチャンスが生まれた。那須のロングフィードを関根が受けると、そのまま新潟陣内深くまで縦に侵攻。DFを振り切り斜め後方からボックス内へ走り込んだ武藤へ、ドンピシャのクロスが上がる。フリーで放たれたシュートがゴールを脅かすも、これはGKに阻まれた。サイドを押し込まれた新潟は、攻撃に転じることができず。新潟陣内で試合が進行していく。

▽攻め込まれながらも人数をかけた守備で耐え忍ぶ新潟は、27分にカウンターから怖さを見せる。中盤の左サイドでチアゴ・ガリャルドがボールを奪うと、鈴木とのワンツーを用いボックス手前まで駆け上がる。勢いそのまま右足を振り抜きミドルシュートを放つが、枠を外れた。チアゴ・ガリャルドや矢野が浦和のパスをインターセプトするシーンが目立ち始める。

▽すると35分、新潟がカウンターを成功させる。浦和ボールのCKからこぼれ球を小泉が拾うと、加藤、山崎と繋ぎあっという間に敵地のゴール前まで侵攻。走り込んでいた矢野が右サイド深くから上げたクロスはGK西川に弾かれたが、クリア先に居た山崎の身体に当たる。こぼれ球に反応した小泉が無人のゴールへ頭で押し込み、先制点とした。戦術の嚙み合った新潟は、その後もチアゴ・ガリャルドを起点にして浦和ゴールを度々脅かす。

▽試合が後半に入ると、浦和は新潟のディフェンスラインの裏を狙うパスを増やし始める。しかし、低く保たれたラインにことごとく弾かれシュートまでは持ち込めない。52分、左サイドの宇賀神からボックス内のラファエル・シルバへ質の高いクロスが供給されたが、これもDFにクリアされた。痺れを切らした浦和は57分に最初のカードを切る。シャドーの一角に入っていた武藤に代えて、ドリブラーの駒井を投入。関根のポジションをシャドーに変更し、駒井を右サイドに配置した。関根が精力的に走りスペースを作り出そうとするが、ディフェンスラインに6枚を並べる新潟の牙城は崩せない。

▽前半とは変わり、浦和が新潟のカウンターに対して身体を張って止める対応をし始めると、64分に阿部、66分に那須が立て続けに警告を受ける。両者ともにシュートまで持ち運べる回数が減り、試合は睨み合いの様相を呈し始める。

▽しかし、試合は突然大きく動いた。74分、浦和CKのこぼれ球を拾った森脇がボックス手前右から強烈なグラウンダーシュートを放つ。シュートは右のバーに嫌われたが、阿部が跳ね返りを押し込み、ビハインドを追いつく。そしてその5分後の79分に、逆転弾が生まれた。場面は再び浦和のCK。柏木の放った質の高いボールに合わせたラファエル・シルバのヘディングシュートはGKに弾かれたが、こぼれ球を自ら拾う。これを右足で確実に決め、電光石火の逆転弾となった。

▽試合はこのまま終了。この結果、勝利した浦和(勝ち点29)の順位は8位と変動しなかったものの、最下位を相手にホームで敗北して中断期間へ突入という事態は免れた。対する新潟(勝ち点8)は、クラブワーストを更新する6連敗目となり、降格ライン上の15位コンサドーレ札幌との勝ち点差は1つ広がり「8」。残留争いは苦しいものとなった。