シングルスは千頭昇平、ダブルスは望月勇希/鈴木保貴が優勝 [第86回東海中日テニス選手権/男子]

写真拡大

「ダンロップ 第86回 東海中日テニス選手権大会」(愛知県名古屋市・東山公園テニスセンター/本戦7月5〜9日/賞金総額:男女各100万円/砂入り人工芝コート)が開催され、男子シングルス決勝はワイルドカード(主催者推薦枠)の千頭昇平(早稲田大学)が第2シードの望月勇希(中央大学)を6-3 1-6 6-1で下して優勝を飾った。

 男子ダブルス決勝は、望月/鈴木保貴(法政大学)が第4シードのロンギ正幸(福井県体育協会)/松尾友貴(橋本総業ホールディングス)を7-5 6-4で倒してタイトルを獲得した。上位の試合結果は以下の通り。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

◇   ◇   ◇

【男子シングルス決勝】

○13千頭昇平(早稲田大学)[WC] 6-3 1-6 6-1 ●32望月勇希(中央大学)[2]

------------

【男子シングルス準決勝】

○13千頭昇平(早稲田大学)[WC] 7-5 6-0 ●1喜多元明(リコー)[1]

○32望月勇希(中央大学)[2] 6-0 6-2 ●18竹元佑亮(関西大学)[Q]

------------

【男子シングルス準々決勝】

○1喜多元明(リコー)[1] 2-6 6-3 6-1 ●5染矢和隆(九州電力)[Q]

○13千頭昇平(早稲田大学)[WC] 6-1 6-3 ●11只木信彰(リコー)

○18竹元佑亮(関西大学)[Q] 6-4 1-6 6-4 ●24松尾友貴(橋本総業ホールディングス)[3]

○32望月勇希(中央大学)[2] 5-7 6-2 6-3 ●28上杉哲平(テニスユニバース)

------------------------

【男子ダブルス決勝】

○4望月勇希/鈴木保貴(中央大学/法政大学)7-5 6-4 ●12ロンギ正幸/松尾友貴(福井県体育協会/橋本総業ホールディングス)[4]

------------

【男子ダブルス準決勝】

○4望月勇希/鈴木保貴(中央大学/法政大学)6-1 1-6 [10-6] ●14佐野紘一/飯野翔太(伊予銀行)[1]

○12ロンギ正幸/松尾友貴(福井県体育協会/橋本総業ホールディングス)[4] 5-7 6-4 [10-7] ●14加藤彰馬/徳本翔(亜細亜大学/青山学院大学)[Q]

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は左から男子シングルス優勝の千頭昇平、男子ダブルス優勝の望月勇希、鈴木保貴
写真提供◎東海テニス協会

東海テニス協会|公式サイト

2017 ダンロップ第86回東海中日テニス選手権大会|JTAプレーヤーゾーン