画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ドイツのポルシェAGは、公道走行可能なモデルで最もパワフルなエンジンを搭載する「911 GT2 RS」が、英国にて開催された「グッドウッドフェスティバル・オブ・スピード」でワールドプレミアを飾ったと発表した。最高出力700PSのターボエンジンを搭載する。

「911 GT2 RS」には700PSを発生するツインターボ水平対向エンジンが搭載され、後輪のみを駆動する。燃料満タンで車量1,470kgという軽量を実現しており、0-100km/h加速は2.8秒、最高速度340km/hを誇る。

このエンジンは580PSを発生する「911 ターボ S」の3.8リットルをベースとしており、性能向上のために大型ターボチャージャーを採用。新たに追加された冷却システムは、高温になるとインタークーラーに水を噴射し、過圧域での吸気温度をオーバーブースト可能な温度域へと下げる。これによって極限状態であっても最適な出力が保証される。

専用開発の軽量なチタン製エグゾーストシステムも採用しており、これは「911 ターボ」のものより約7kgも軽い。同時に、これまでにない感情に訴えるサウンドを実現した。ルーフ、スタビライザー、前後アクスルのカップリングロッドはカーボン製、ホイールはマグネシウム製となっており、極限ともいえる軽量化を実施している。

なお、ポルシェ デザインは「911 GT2 RS」の販売を記念して、同車のオーナーのためだけに用意された特別なウォッチ「911 GT2 RS クロノグラフ」を発売する。この「911 GT2 RS クロノグラフ」は、ポルシェ正規販売店で「911 GT2 RS」と同時にオーダーする場合に限って購入できるという。