「ジャスティス・リーグ」 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

写真拡大

 バットマンやワンダーウーマンなどDCコミックスのスーパーヒーローチームの活躍を描く「ジャスティス・リーグ」の音楽を、ティム・バートン作品で知られる作曲家のダニー・エルフマンが手がけると、米ハリウッド・レポーターが報じた。

 当初は、ジャンキー・XLことトム・ホルケンボルフ(「デッドプール」「マッドマックス 怒りのデス・ロード」)が担当することになっていた。しかし、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」でタッグを組んだザック・スナイダー監督が家庭の事情で降板したことで、追加撮影と仕上げを引き継ぐことになったジョス・ウェドン監督が、「バットマン」や「スパイダーマン」などスーパーヒーロー映画の経験も豊富なエルフマンを指名。エルフマンは、ウェドン監督の「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」(15)に追加音楽を提供した過去がある。

 プロジェクトを離れることになったホルケンボルフは、「他の作曲家に差し替えられる経験がなければ、ハリウッドの作曲家として成功したとはいえないと、かつて師匠のハンス・ジマーに言われたことがあります。ですから、今週ようやく一人前になれたことになります」と声明を発表。「この企画を離れるのは大変つらいですが、誘ってくれたザックに心から感謝するとともに、ダニーとジョス、ワーナー・ブラザースが『ジャスティス・リーグ』で成功することを祈っています」とコメントした。今後は、アリシア・ビカンダー主演「トゥーム・レイダー(原題)」に取りかかるという。

 「ジャスティス・リーグ」は、11月18日公開。