1vs4の変則対戦ホラーゲーム「Dead by Daylight」の魅力とは?

写真拡大

「Dead by Daylight」は殺人鬼1人と生存者4人に分かれ、殺人鬼側は生存者を皆殺しを目指し、生存者側は脱出を目指すという変則対戦ホラーゲームです。このゲームの実況動画が今、YouTubeで話題を呼んでいます。ここではこのゲームの魅力と、各実況者の動画の魅力を紹介します。

1対4の変則対戦ゲーム「Dead by Daylight」

「Dead by Daylight」(以下、DbD)は1対4の非対称対戦ホラーゲームです。殺人鬼として生存者を追いかけたり、生存者として殺人鬼から逃げたりと、全く違う立場のプレイができることで人気を集めています。以下ではこのゲームの魅力と、観ているだけで楽しくなる実況動画を紹介します。

なお画像、動画ともにグロ多めなので苦手な方はご注意ください。

DbDは2016年6月14日に配信が開始され、カナダの「Behaviour Interactive」が開発を担当、スウェーデンの「Starbreeze Studios」が販売しています。2017年5月12日には有志によって開発が進められていた日本語バージョンが実装され、ますます人気を集めています。

Dead by Daylight: Launch Trailer

本作の醍醐味は2つあります。1つは無敵の殺人鬼として逃げ惑う生存者たちを追い詰めていく快感。もう1つは非力な生存者として時に味方と協力し、時に味方を裏切りながら、殺人鬼から逃げ隠れする緊張感です。ホラー映画に入り込んだような世界観に世界中のプレイヤーが熱狂しています。

DbDには殺人鬼側、生存者側ともに「パーク(能力補正)」をつけることができます。プレイを重ねてポイントを集めると使えるようになるのですが、どのパークをどうやって使うかによってプレイの幅が大きく変わってきます。こうした頭を使わなければならないところも本作の大きな魅力でしょう。

また本作は殺人鬼、生存者それぞれのデザインや設定が非常に凝っています。これらに惹かれてDbDをプレイしている人も多い様子。どれもこれもホラー映画好きがニンマリするようなデザインと設定なので、ホラー映画に一家言ある人にはぜひプレイしてほしいですね。

そんなDbDの実況は、ゲーム環境がない人でもプレイが下手な人でも、本作の世界観を楽しめる動画として人気を集めています。以下では登録者数160万人を超える人気実況チャンネル「兄者弟者(2BRO)」と、動画編集の技が光る「べるくら企画」のDbD実況動画を紹介していきます。

いい声で追撃される恐怖!2BROのDbD実況

まずは2BROのDbD実況動画から紹介していきます。2BROでDbDをプレイしているのは、弟者さんとおついちさん。殺人鬼側としてプレイするときは基本的に弟者さんがソロで実況し、生存者側でプレイするときはおついちさんと協力して実況しています。

#44【ホラー】弟者の「Dead by Daylight」【2BRO.】

弟者さんはDbDがリリースされた2016年の無印と、2周年を迎えた2017年の「Dead by Daylight YEAR2」で分けて動画を投稿しています。無印の方がシリアスな声でプレイしていることが多め。大塚明夫さんばりの良い声で追撃される恐怖を、生存者側の気持ちになって楽しむことができます。

良い声で生存者を追い詰める弟者さん。

出典:https://youtu.be/3h-hLNKxNOE

弟者さんが怖いのは、生存者側の動きが読めているのかというくらいプレイが上手いことです。まさに殺人鬼の手のひらの上で生存者が踊っているだけのような、ホラー映画を観ている時と同じ恐怖感が味わえるんです。

#11【ホラー】弟者,おついちの「Dead by Daylight YEAR2」【2BRO.】

こちらは「YEAR2」でおついちさんと一緒に生存者側をプレイした動画です。プレイしているのがDbDなので緊張感があるといえばあるのですが、弟者さんとおついちさんの掛け合いが面白すぎて思わず笑ってしまうこと間違いなしです。

仲が良すぎる弟者さんとおついちさん。

出典:https://youtu.be/TnUjUCavMSM

足を引っ張り合ったり、相棒を利用して生き残ろうとしたり、殺人鬼に襲われそうになる相棒を見捨てたりと、ゲスな2人が随所で観られるのも2BROのDbD動画の大きな魅力です。プレイ自体は相変わらず上手いので、2BRO好きはもちろんDbD好きも楽しめるはずです。

編集に技あり!べるくら企画のDbD実況

続いて紹介するのは「べるくら企画」の柏木べるくらさんのDbD実況動画です。編集の技が光る動画が多く、DbDをより楽しく観ることができます。

【Dead by Daylight】ロッカーに隠れすぎい〜〜 #18

こちらは2016年7月9日に投稿され、現在31万回再生されているDbD実況動画です。べるくらさんの動画は1本1本にタイトルがついているので、「一体何があったんだ?」とワクワクしながら観始められるのも魅力です。

ロッカーに隠れている生存者。

出典:https://youtu.be/mFzOkdzs1IY

この動画ではタイトル通り「やたらと生存者がロッカーに隠れる」のが見所です。次々にロッカーから人が出てくるうえでに、その都度集中線の加工が入るのが面白くて笑ってしまいます。プレイ自体は1人ずつ確実に殺していく恐ろしいスタイルなんですけどね(笑)

【神回】面白すぎるネタプレイに遭遇した放送【デッドバイデイライト】 #269

こちらはべるくらさん自らタイトルに「神回」と銘打った動画です。タイトルに偽りはなく、べるくらさん以外の生存者が捕まったべるくらさんを縦列編隊を組んで助けに来たり、その縦列編隊にべるくらさんも加わったり、挙げ句の果てには殺人鬼まで仲良く縦列編隊をする始末。これは面白すぎる!

神展開すぎるべるくらさんのDbD動画。

出典:https://youtu.be/3LwTEvHiYq0

最後は生存者が脱出するための扉を、順番に少しずつ開けていくという意味不明な展開に(笑)もちろんその中には殺人鬼も加わっています。DbDでは本来起こり得ない光景が、この動画には広がっています。これが……平和……!(なんか違う)

観てもやっても楽しい「Dead by Daylight」

DbDはプレイしてももちろん楽しいですが、弟者さんとおついちさんやべるくらさんが投稿しているような実況動画を観ても楽しむことができます。実況者さんたちはプレイが上手いので、観ていてストレスがないという点も魅力ですね。

アメリカではPS4版とXbox版もリリースされ、まだまだ盛り上がっていくであろうDbD。プレイするもよし、実況動画を楽しむもよし。自分なりの方法でDbDを楽しみましょう!

The post 1vs4の変則対戦ホラーゲーム「Dead by Daylight」の魅力とは? appeared first on dora.