アヤックスの選手達はヌリの最悪の事態を恐れた

写真拡大

ヴェルダー・ブレーメンとアヤックスの親善試合の前半途中、モロッコにルーツを持つ若きフットボリスタ、アブデルハーク・ヌリはピッチ上に突然倒れた。

【関連記事:デフォー涙 癌と戦った6歳】

幸いにも審判がすぐに試合を止め、メディカルスタッフが直ちに選手の元に駆けつけた事が最悪の事態を免れる事に繋がった。
両チームの選手達は不安な面持ちで集まり、ある者は祈り、ある者は涙を流しながらその状況を見守った。
10分後にヘリコプターが到着し、ヌリを近隣の病院に緊急搬送した。

その後、アヤックスはヌリが心臓の不整脈を起こしていたが、現在は脈拍もあり、容態は安定している事を発表した。