BMWの電気自動車「i3」。未来的でコンパクトなエクステリアとスポーツカー顔負けのパフォーマンスは0-100Km/h7.2秒を誇る。

 

この「i3」に搭載されている大容量バッテリーをBMWは、ドイツのボートエンジンシステム会社であるTorqeedo社に水中駆動システム向けとして供給を行なっている。

 

Torqeedo社のシステムは、モーターボートに160馬力のハイブリッドおよび電気推進機関を提供する。

 

BMWによれば、Torqeedo社による技術の採用は、水上輸送効率の観点からみた場合に様々な応用が可能で、同社の高電圧バッテリーを製造するクオリティの証であるという。

 

「i3」のバッテリー容量は44kWhで、従来のバッテリーに対し充電回数の面でも格段に耐久性が増している。

BMWは「i3」のバッテリーを8つのモジュールのそれぞれの中にある12個のセルに加え、筐体のコネクター、ケーブル、センサー、温度制御システムを備えた「プラグアンドプレイ」機能を持つように設計した。

 

ちなみにBMWは当初から「i3」に搭載されるバッテリーを多岐に渡り応用できるように設計している。

 

このバッテリーは自動車としての動力源として役目を終えた後でも、商用発電機のエネルギー貯蔵装置として利用可能なのだ。

二酸化炭素を排出しないクリーンな電気ボートは今後大きな市場となり、2027年までに200億ドル規模に達すると見込まれている。それはBMWにとって大きな成長の可能性を秘めていることを意味し、Torqeedo社は幅広い船舶の技術を適応させるためのパートナーとして期待されているのである。