イモトアヤコと松岡茉優(画像は『【公式】ウチの夫は仕事ができない 2017年6月27日付Instagram「沙也加&あかり」』のスクリーンショット)

写真拡大

錦戸亮主演ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系)の第1話が7月8日に放送された。大学時代から研究していた粘菌に興味を持つ主人公・小林司(錦戸)は山で友人たちとはぐれて途方に暮れていたヒロイン・沙也加(松岡茉優)に出会う。彼にとっては突然目の前に現れた「妖精さん」であり、彼女にとって司は救いの神という状況だ。知り合った2人は心を通わせて交際、やがて結婚する。

司が勤めるイベント会社・マックスエンターテインメントでは「仕事ができない男」とレッテルを貼られているが、妻の沙也加は「私の夫は大会社で立派な仕事をしている」と尊敬していた。ところが夫の忘れ物を会社に届けた際に「仕事ができない男」の片鱗を目にしてしまう。一方で新部署に移って今度こそ仕事を成功させようと張り切る司だったが、優しさ故に失敗してしまい考えた末に「退職願」を書く。そのタイミングで沙也加の妊娠が分かり…。

そんなドキドキハラハラな展開ではあるが、とにかく錦戸演じる司と松岡演じる沙也加のキャラクターが良くて救われる。さらに司が異動してきた部署のメンバーを佐藤隆太、壇蜜、薮宏太(Hey! Say! JUMP)たちが実に憎たらしく熱演すれば、沙也加のマタニティー友達・町田あかりをイモトアヤコ、司の姉・小林みどりを江口のりこが演じることで“会社”と“家庭”のバランスがうまくとれていて良い。

『【公式】ウチの夫は仕事ができない(uchinootto_ntv)ツイッター』には視聴者から「めっちゃ癒されて めっちゃニヤニヤして めっちゃ泣きました!」「感動、感動、笑い、感動…がずっと続いてました…ほんと泣きすぎて目が潤ってます」といったコメントがたくさん寄せられている。エンディングで流れるさだまさしが今風な“関白宣言”をイメージして関ジャニ∞に書いた『奇跡の人』もドラマの雰囲気にぴったりである。

本作は沢尻エリカ主演ドラマ『ファースト・クラス』(2014年)やNHKの朝ドラ『べっぴんさん』(2016年)など数々の名作で知られる脚本家・渡辺千穂によるオリジナルストーリーである。前期に放送されて好評だった『ボク、運命の人です。』は金子茂樹の脚本であり、漫画や小説の実写化が多い昨今にあってオリジナルの良さを示す作品が続くこととなりそうだ。

画像は『【公式】ウチの夫は仕事ができない 2017年6月27日付Instagram「沙也加&あかり」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)