好きな男性や気になっている男性とは、LINEでも色々と会話をしたいと感じるものでしょう。

でも、嫌がられるようなLINEを送ってしまったら、それだけで恋愛対象から外されてしまうこともあるかもしれません。



出典:Nosh

そこで今回は、確実にモテを遠ざける「ダメLINE」を紹介します。

 

■「連続送信」をしすぎる

返事がこないからといって、連続でメッセージを送ってしまう。これはやられた方からするとかなり鬱陶しいです。スマホを見て、連続でいくつもメッセージが入っていたら、ちょっと怖くもあるでしょう。

すごく大事な用事や急用であるのなら仕方がないですが、大した話でもないのに連続送信をするのは絶対にNG。返事を催促されているかのようにも感じられるので、男性からするとこれほど面倒なLINEはないでしょう。

 

■「質問ばっかり」してしまう

LINEやメールを長続きさせるテクニックのひとつとして、疑問形で終わらせるようにするというものがあります。「?」で終われば、それに答えるために返事をしてくれるので、会話が続けられるというものです。

確かに一理はあると思いますが、あまりにも疑問形を多用して質問ばっかりになってしまったら、男性をうんざりさせてしまうだけ。何でも全てを知ろうとされると、男性は束縛がきつそうにも感じるので、彼女候補からも外されてしまいますよ。

 

■「非常識な時間」に送る

好きな男性とはいつでも常に会話をしていたいと思ったりもするでしょうが、やはり常識のない時間に送ってしまうと、人間性を疑われてしまいます。最低限のマナーはちゃんと守らないと、印象はどんどん悪くなるだけでしょう。

明らかに仕事中の時間や深夜遅くにLINEを送るのは、余程の急用でもない限り避けた方がいいでしょう。深夜にLINEで起こされて、次の日の仕事に支障が出たりしたら、男性はあなたに対して怒りの感情しか湧かなくなりますよ。

 

■「終わり」が見えない

男性はLINEで長話をするのがあまり得意ではありません。好きな男性とはずっと話していたいという気持ちはわかりますが、男性のことも考えてあげないと、確実に嫌われてしまいます。

いつまでも会話の終わりが見えないと、男性はだんだんとイライラが募っていってしまうだけ。話が盛り上がったところで終わりにした方が、「この子と話すと楽しい」とも感じてもらえるので、あえて短めに切り上げる方が効果は大きかったりもしますよ。

 

男性は女性と違って、LINEをコミュニケーションツールというより連絡ツールとして捉えている人が多いです。だからこそ、ダラダラと長話をしすぎたりすると、鬱陶しく思われてしまうこともあるので注意してくださいね。

【関連記事】

※ 最高の夏を楽しむために。大人女子が今から始めておきたい3つのコト(PR)

※ やべっ…見られた!「二股ゲス男」がやらかした修羅場LINE

※ 血液型別「LINEでわかる」彼の脈ありサイン【O型の彼はリードしてくれる】

※ 楽しかった♡デートのあとに送る「モテ女子」のLINEテク

※ ソワソワ…気になる彼から「LINEの返事が来ない」ワケ

※ ムラムラが止まらないの♡彼が喜ぶ「お誘いLINE」3選