新婚メッシが盟友をサプライズ訪問! 「切っても切れない友人」との満喫写真を公開

写真拡大

イビサ島に滞在するスアレスのもとを訪れ、家族ぐるみでオフを満喫

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは2021年までクラブとの契約延長を更新。

 6月末には長年付き添っているパートナーであるアントネージャさんと地元ロサリオで結婚式を挙げるなど、激闘のシーズンを終えて充実のオフを過ごしている。

 メッシは世界有数のリゾート地として知られるイビサ島に滞在。ウルグアイ代表FWルイス・スアレスのもとをサプライズで訪れ、盟友の家族と海水浴で楽しんでいる様子を自身のインスタグラムで発信した。写真は地中海の透き通るようなエメラルドブルーの中でメッシ夫妻、そしてスアレス夫妻と子供たちがパイナップルジュースを片手に笑顔を浮かべている。

 また、スアレスも自身のツイッターを更新。「訪れてくれてありがとう! 素晴らしい人間がやってきた!」とメッシ夫婦の来訪を大歓迎していた。

 バルサの看板3トップ「MSNトリオ」であるメッシとスアレス、ブラジル代表FWネイマールはピッチ内だけでなくオフ・ザ・ピッチでも大の仲良しであることは広く知れ渡っている。6月に行われたメッシの結婚式にはスアレスとネイマールが訪れたが、その後もスアレスの家族とともにオフを楽しんでいるようだ。

 バルセロナを基幹とする「ムンド・デポルティーボ」紙も、「メッシがインスタグラムに投稿した新たな写真は、バルサのクラックとチームメートであるスアレスが切っても切れない友人だ」としている。バルサは12日の水曜日を2017-18シーズンに向けた始動日に設定している。エルネスト・バルベルデ新体制を迎える新シーズン、覇権奪回を目指すべくメッシとスアレスは英気を養って戦いに臨もうとしている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【写真】パイナップルジュース片手にエメラルドブルーの海を満喫…メッシが公式インスタグラムに投稿したスアレス一家とのオフショット