イブラ、ユナイテッドと再契約か 実現なら怪物ルカクと共演へ

写真拡大

▽元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(35)にマンチェスター・ユナイテッド残留の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。

▽昨夏のユナイテッド加入当初、「マンチェスターの神になる」宣言で注目を集めたイブラヒモビッチ。公式戦46試合28ゴール10アシストの好成績を収め、健在ぶりをアピールした。しかし、シーズン終盤にヒザのじん帯を負傷。来年まで長期離脱が見込まれていることもあり、契約満了でユナイテッドを退団した。

▽とはいえ、ユナイテッド側は依然としてイブラヒモビッチとの再契約を希望している様子。そのイブラヒモビッチに関しては、アメリカ行きが伝えられているが、契約満了後も施設の使用を許可してくれたユナイテッドの計らいに満足しているようで、完治後の再契約を前向きにとらえているという。

▽ユナイテッドは8日、イブラヒモビッチに代わるストライカーとして、エバートンに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクの獲得合意を発表。イブラヒモビッチが昨シーズンに続きユナイテッドでプレーするとなれば、“神”と“怪物”の強力2トップをお目にかかれるかもしれない。