松嶋啓介シェフが教える「本当のラタトゥイユ」の作り方

写真拡大 (全6枚)

太陽の光をたっぷり浴びて育った夏野菜たち。その恵みを一皿に凝縮した料理といえば、真っ先に思い浮かぶのが「ラタトゥイユ」ではないでしょうか。
南仏の郷土料理「ラタトゥイユ」は、日本における「肉じゃが」のような存在。親しみやすく、いつも食卓にのぼる家庭の味......。そんなラタトゥイユを自身のフランス料理店で提供しているのが、フランスのニースと東京を拠点に活躍するシェフ・松嶋啓介さんです。
松嶋シェフが、ラタトゥイユを通じて伝えたいのは「食べ進めるうちに、しみじみおいしいと感じる料理。そしてからだとこころにもいい料理」。ちょうど帰国していたシェフに、お話を伺い、目の前で料理を教えてもらいました。
「うまみと薬味の相乗効果」でしみる料理を作る
松嶋シェフといえば、25歳でニースにオープンしたレストランが、外国人としては最年少で本場フランスミシュランの一ツ星を獲得し、さらに日本人初、そして最年少で「フランス芸術文化勲章」授与という快挙を成し遂げた人物。国内外での評価も高く、東京・原宿の「KEISUKE MATSUSHIMA」でも多くのゲストの舌をうならせています。
そんなシェフが目指すのは、意外にも口に入れた瞬間に「おいしい!」と目を見開く料理でも、あまりのインパクトに言葉を失う料理でもありません。
「食べてすぐおいしいと感じる料理を僕は"アッパー系の料理"と呼んでいます。強い塩や糖分、油分の力を借りた料理は確かにおいしいのですが、僕が作りたいのは"ダウナー系"。おばあちゃんの手料理のような、シンプルだけど手間のかかっている、うまみと薬味の相乗効果でおいしくヘルシーに食べられる料理なんです」と、松嶋シェフ。
シェフが作るラタトゥイユの場合、トマト、玉ねぎ、ニンニクが"うまみ"で、パプリカ、ズッキーニ、なす、タイム(バジルでもいい)が"薬味"となります。
手間と時間をかけ、心を凝らして作るラタトゥイユ
シェフがラタトゥイユにこだわるのは、まず自身が拠点にする南仏ニースの旬野菜をおいしく食べられる郷土料理であること。そしてきちんとした歴史と文化を持つ料理であること。本来の「ラタトゥイユ」という定義を外れると、それはただの"ラタトゥイユ風"の料理になってしまう、と松嶋シェフは言います。
「忙しくしていると短時間でうまみを出すためにコンソメを加えたり、電子レンジを使って野菜に火を入れたりしたい気持ちもわかります。でも、ぜひ一度、手間と時間をかけて心を凝らして僕が教える"本当のラタトゥイユ"を作ってみてほしいんです。これを食べ続けていたらこころもからだも元気になれるはず。食べたらきっとそう実感してくれるんじゃないかな」
野菜のうまみを引き出すために使うのは、塩だけ。それぞれの特性を生かすために野菜ごとに火入れをして、最後にトマトとニンニクで作ったトマトソースにあわせて仕上げます。そしてもうひとつ、松嶋シェフならではの工夫が。
「僕がラタトゥイユを自分流にイノベーション(技術革新)しようと考えたときに思いついたのが、"切る"という日本人らしい技術でした」
野菜をサイコロ状に揃えたラタトゥイユが多いなか、松嶋シェフの場合は、"薬味"となるパプリカ、ズッキーニ、なすを細長く、そして薄くスライスしていきます。取材前に試食させていただいたとき、「お箸で食べたいラタトゥイユだなぁ」と思ったのですが、それは松嶋シェフが講じたイノベーションという策略にまんまとはまったのかもしれません。
松嶋シェフ直伝 「本当のラタトゥイユ」レシピ
今回、松嶋シェフが"本当の"と言い切るレシピを惜しげもなく公開してくれました。詳細なレシピですが、野菜の切り方や火入れの方法、塩のふり方ひとつひとつに、今後に生かせそうな大きな学びがあります。