主要国の長期金利(10年物国債利回り)が足元で上昇しています。2015年末にいち早く利上げを開始した米連邦準備制度理事会(FRB)は別として、主要国の中央銀行が2008年のリーマン・ショック後から続けてきた極端な金融緩和を解除する方向に動き始めたからです。

カナダ、英国、ドイツなどが上昇幅大

 以下の表を見ると、この1カ月間に、長期金利の上昇幅が最も大きかったのがカナダ、次いで英国です。いずれも、6月に入って、中央銀行総裁が利上げ開始に前向きな発言をしています。ドイツについても、欧州中央銀行(ECB)関係者の発言などを受けて、現在も続いている量的緩和(QE)の縮小が近付いているとの観測が浮上してきました。

【各国長期金利の変化】

    7月6日  6月6日  変化幅  直近ピーク
米国  2.366   2.145   22    2.626
ドイツ 0.558   0.252   31    0.485
英国  1.313   0.984   33    1.515
カナダ 1.828   1.393   44    1.872
豪州  2.636   2.373   26    2.977
日本  0.104   0.042   6      0.116
(※長期金利は%、変化幅はベーシスポイント[bp、1bp=0.01%]、Bloombergより筆者作成)

 他方、米国の長期金利は、2016年11月の大統領選におけるトランプ氏勝利を受けて急騰しました。トランプ氏の公約である減税やインフラ投資が実現すれば、景気の過熱や財政赤字の拡大につながると市場が懸念したためです。

 米長期金利はその後も上昇を続け、2016年12月と2017年3月に2.6%近辺でいったんピークに達しました。それらはいずれも、FRBの利上げのタイミングとほぼ一致しています。しかし、6月中旬のFRBの利上げに向けて長期金利はむしろ低下しており、上昇に転じたのは利上げ後しばらくたってからです。しかも、現在の水準は昨年12月や今年3月の水準に届いていません。

 ドイツの長期金利はすでに3月のピークを越えて上昇しており、またカナダの長期金利も3月のピークにほぼ並んでいます。足元の米長期金利の上昇は、ドイツやカナダの長期金利上昇に先導されている印象を受けます。

「ゼロ%程度」の日本は蚊帳の外か?

 つまり、こうしたことが言えないでしょうか。米国が単独で金融政策の正常化を進めるのであれば、世界的に金融政策が緩和された中で長期金利の上昇にもおのずと限度があるが、主要な中央銀行の多くが金融政策の正常化を進めるのであれば、長期金利にはまだまだ上昇余地があると。

 そうした中で、日本の長期金利はほとんど変化していません。日銀が金融緩和の姿勢を堅持しているからでしょう。現在の「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」の枠組みの下で、日銀は長期金利を「ゼロ%程度」で維持することを目指しています。世界的に長期金利が上昇する中でも日本だけが「蚊帳の外」なのでしょうか。

(株式会社マネースクウェア・ジャパン チーフエコノミスト 西田明弘)