伝統と進化を融合した限定車登場!

写真拡大

FCAジャパン(東京都港区)は、限定車「Jeep Wrangler (ジープ・ラングラー)JK」を2017年7月8日に発売する。

冒険の精神と柔軟な発想

大地を駆け巡る自由気ままなグランドツーリングを楽しむ移動空間として、ジープは長年親しまれてきたという。なかでもラングラーは現行型で4ドアモデルが設定されたことで、ライフスタイルの可能性が広がった。

その世界観に新たな価値をもたらす、3代目のコードネーム「JK」を車名にした限定車が登場。

4ドアモデル、ラングラー・アンリミテッドの上級グレードである「アンリミテッド・サハラ」をベースに、ビビッドなブルー「チーフ」と落ち着いたトーンの「ゴビ」の2カラーをラインアップ。また、通常はボディ同色となるハードトップには、ラングラーでは初となるホワイトハードトップを組み合わせた。

さらに、ホワイトのハードスペアタイヤカバーや、オフロードの聖地といわれる米国ユタ州モアブの座標を描いたスポーツバー(ロールバー)カバー、ブラックのレザーシートなどを採用。随所に装備されたバッジの色にもこだわった。

ジープの76年の歴史で培われてきた、冒険の精神と柔軟な発想から誕生した新スタイル融合車だ。

全国のジープ正規ディーラーでチーフ20台、ゴビ80台合計100台限定で取り扱う。価格は427万6800円(税込)。