鈴木早智子、9年ぶりドラマ出演にミスキャストの声が上がる「ホラーな理由」

写真拡大

 現在、活動停止中の2人組ユニット・Winkのメンバーで、女優の鈴木早智子が、8月12日からスタートするオリジナルホラードラマ「心霊呪殺 死返し編」(CSエンタメ〜テレ☆シネドラバラエティ)に出演することがわかった。

 物語は、高校時代にイジメをしていた仲間たちが数年ぶりに再会し、心霊スポットに足を踏み入れたことをきっかけに、それぞれの身に不可解なことが起きていくというもの。9年ぶりのドラマ出演となる鈴木は、教師役を演じる。

 ところが、ホラーファンからは「えっ、幽霊ではなく、鈴木早智子が教師役?」「さすが、エンタメ〜テレ! ホラーコンテンツに力を入れているだけのことはある」と、錯綜したリアクションが起こっているのだ。

「その理由は、『エンタメ〜テレ』が提供している鈴木が写った番宣写真を見れば一目瞭然です。ゆったりしたブルーの服を着ている鈴木がテーブルに置かれたワイングラスを両手で支えているカットですが、顔のやつれ具合がすごい。くぼんだ目はうつろで、カメラ目線かどうかも微妙な感じ。口も締まりがありません。夜道で、いきなり、こんな鈴木と会ったら、間違いなく腰を抜かします。ドラマの概要を聞いたうえでこの写真を見る人の大半は、鈴木が幽霊役だと思うんじゃないでしょうか」(エンタメ誌ライター)

 また、鈴木の話によると、生徒役の共演者は全員20代で、アラフィフの彼女だけ世代が違うという。

「20代の若いタレントらの中に、48歳で劣化が激しい鈴木が混ざるのは、ある意味、ホラーな演出とも言える。鈴木の衝撃的な容姿が強調されて、ストーリー以上に、視聴者をゾクゾクさせるかも…」(前出・エンタメ誌ライター)

 この夏、もっとも恐ろしいホラー作品になる!?