動物保護団体の「なぜベーコン食べる?」に猛反発

写真拡大

「米国人はベーコンが大好き」というイメージがありますが、当の米国人もそのステレオタイプを誇りに思っているのか、実際にベーコンを使ったドリンクやデザートのレシピが存在したり、ベーコンの香りのする化粧品や生活用品が売られていたりと、ベーコンを取り巻く米国の文化はなかなかカオスなものがあります。

そうした中、米動物保護団体の「動物の倫理的扱いを求める人々の会(People for the Ethical Treatment of Animals、略称PETA)」が先月末、公式Twitterで「Present your best argument for eating bacon(なぜベーコンを食べるのか、その理由を述べよ)」というツイートで人々に呼びかけました。

動物を食用にすることに反対する同団体は、このツイートでお肉を食べない(ベジタリアンやヴィーガンといった)ライフスタイルを推奨する目的もあったようです。しかし、このツイートに対して寄せられた1万7000以上のコメントは、そのほとんどが反撃のコメントでした。

「美味しからに決まってるじゃないか。サラダなんかより美味しい」
「ベーコン入れればサラダも美味しくなるだろ」
「(もっと野菜を食べろって言うけど)ベーコンがなかったら野菜が食べられない。ベーコン巻きにしてあるから、好き嫌いなしでいられるんだ」

などなど、ここでもやはり熱い“ベーコン愛”が語られることに。

このベーコン論争には、米上院議員が参戦するまでに発展。ユタ州のオーリン・ハッチ上院議員がリプライとして、ベーコンバーガーを食べる様子や、フォトショップしたベーコンの絵文字を真剣に見つめる様子の写真をアップロードしていました。普段は真面目な政治家でも、ベーコンとなると熱くなるようですね。