生まれつき全身にホクロがあるEvita Delmundo(20)さんは、見た目が原因でいじめを受けていました。これまでずっと自分に自信がなかったということですが、徐々にコンプレックを解消していくことに。そして「本当の美しさとはなにか」を伝えるために、先日自身のSNSである発表をしました。

いじめを乗り越えて
ミス・ユニバース」に挑戦

Evitaさんが打ち明けたのは、ミス・ユニバースのマレーシア大会に参加するということ。しかし既にお気づきかもしれないが、ここに至るまで彼女には様々な苦難があったのです。

「周りは私の事をチョコチップクッキー呼ばわりしていたわ。誰も友達になりたがろうとしなくて、無視されてきたの」

過去をこう振り返るEvitaさん。悲しみや自信喪失に繋がったいじめでしたが、そんな彼女が表に立つ強さを得たきっかけとしては、「マレーシアで行われたクリスチャンの若者が集まるキャンプに行き、人生に対する考え方や自分の捉え方が変わった」と教えてくれました。彼女が変わったことで周囲の見方も変わり、ありのままのEvitaさんを受け入れて、友達になりたいと言ってくれるようになったということです。

「美しさとは完璧な顔と体を
持つことじゃない」

Evitaさんの挑戦は多数のメディアに取り上げられ、ミス・ユニバースもFacebookの公式ページでこのチャレンジを称えています。彼女の内側から放たれる自信や強さは今、多くの人たちを魅了しているのです。そんな彼女に、オーディションを受ける理由と夢を聞いてみました。

「参加の理由は、私のユニークな姿と自分が持つ自信を世界に知ってもらいたかったから。将来は、美しさとは完璧な顔と体を持つことではなく、心の中やその人にしかないものから成り立っているということを世界中に伝えたい。体に傷がある人や、自分をパーフェクトじゃないと思っている人たちにも、もっと自信を持って生きていってほしいの」

とはいえ女性であるがゆえに、綺麗になりたいと願うからこそ見た目や体型を気にすることも多いはず。だからこそ「強さを持つ秘訣」について聞いてみました。するとこのようなアドバイスが。

「自分を愛することが大事。完璧じゃないからといって、他人があなたを落ち込ませるようなことはさせちゃいけない。人生を楽しむには自信を持つことがカギよ。後は自然とついてくるはずだから」

Licensed material used with permission by Evita Delmundo