食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい

アーティストのMary Mattinglyさんはこう語り、船を改造して大きな庭園を作ることにしました。さて、この船はどうやって彼女の願いを叶えるというのでしょうか?

土地に余裕がない
ニューヨーク事情

ニューヨークといえば、世界一の経済都市といっても過言ではないほど。たくさんの人が暮らしており、土地は限られています。野菜やフルーツを育てる場所が少なく、農業経験がある人は少ないかもしれません。

Maryさんはこういった状況を理解しながらも、伝えなければいけない大事なことがあるという使命感を捨てることはありませんでした。諦めずに方法を探っていたところ、目をつけたのは川。そして、作り上げられたのが菜園をのせた船「Swale」でした。

やっとの思いで絞り出したこのアイデア、法的にも問題はないと彼女は言います。

食べ物を気にすることで
見えてくるものがある

では、船の上ではどんなことができるのでしょうか?

入場料などのお金を払う必要は一切ありません。スタッフが中を案内してくれるだけでなく、実際に育てられている野菜やフルーツを食べることもできるそうです。もちろん、育て方も教えてくれます。

この船が完成してから約1年半、1日に平均にして約500人の来場者がいて、60の学生グループの移動教室先としても選ばれたとのこと。

これまではブロンクスに停泊していることが多かったそうですが、2017年の目標は他の地域にも訪れることだそうです。

自分が口にするものがどのように育てられているのかを理解してもらうだけでなく、水質や土壌は味に影響するのか、という新しい疑問を持ってもらう意図もあるのかもしれません。

Licensed material used with permission by Swale