もし今日死んでしまうとしたら、誰に何を伝えたいですか?自分の思い出の中に、伝えられなかった言葉はどれくらいありますか?

人は、したことよりもしなかったことの方を後悔するそうです。だから、伝えそびれた言葉はいつまでも心の中に残ってしまいます。そんな「伝えられずに後悔した言葉」を、世界中の人に聞いてみました。

言えばよかった
「ありがとう」「ごめん」

「私はいつだって友達に感謝していたのに、それをどうやってみんなに伝えたら良いのか分からなくて。言いたいことはたくさんあったのに、頭の中でそれを制御しちゃったんだと思う。

上手くできなくて傷ついたり、傷つけたりするのが怖かったから」

「僕は恋人と良い関係を築こうとあがいて、結果関係を傷つけてしまったことを後悔してる。ただ『愛してる』と『会いたい』を素直に伝えていれば良かったのかもしれない」

「家族や友達に、僕のことを支えてくれてありがとうって言えなかったことかな」

「お母さんに『愛してる』って伝えそびれたこと」

「家族に、私にとってみんなが本当に大切で、もっともっと親密な時間を大切にしたいっていうこと」

「今朝、親友と言い合いになってしまったの。

そのとき謝って仲直りできなかったことをとても後悔しているわ」

「僕は父に、彼の大きな愛と支えが僕の人生にとってどんなに大切かを伝えられてない」

「母に、今まで僕を育ててくれた感謝と、きっと家に帰るよってこと、そして愛しているよって、伝えてないこと」

今からでも
伝えていこう

せっかくなので、伝えられなかった言葉を、この機会に実際に伝えてもらうことに。電話のあと、みんな満足したような安堵の表情を浮かべていたのが印象的です。

みなさんの伝えられていない言葉はどんなものですか?もし今でもその人と話ができるなら、今伝えても遅すぎることはないのかもしれません。

Licensed material used with permission by Jubilee Project,(YouTube)