バルサが狙うパウリーニョ「バルセロナのことを考えている」

写真拡大

▽バルセロナが関心を寄せている広州恒大のブラジル代表MFパウリ―ニョ(28)は、移籍をまだ諦めていないようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽中盤の補強を目指しているバルセロナは、パリ・サンジェルマンのイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティや、インテルのフランス代表MFジェフリー・コンドグビアといった選手に関心を寄せていると言われているが、パウリーニョもその中の1人だ。すでに、バルセロナからのオファーを一度拒否した広州恒大だが、同選手はブラジルメディアに対して、移籍をまだ諦めていない様子をうかがわせた。

「僕は偽善者ではなく、とても分かりやすい性格だ。そうだね、僕はバルセロナのことを考えているよ。彼らからのオファーは僕たちが思っている以上に重要なことなんだ」

「僕の代理人は新しく会議を行う予定があると言った。ほとんどの選手は何か起こるまで確かなことは口にしないが、僕は実際に関心があったことを確認できている」

「正式なオファーがあることは知っている。2000万ユーロ(約26億円)くらいだと思うよ。バルセロナの会長はすでに広州恒大のディレクターと話し合ったんだ。でも、合意はなかったようだ」