現地6月25日、ニューヨークのブルックリンにて新バスケリーグ“BIG3”の開幕戦が行われた。

BIG3は元NBA選手が多数参加しており、もう一度かつてのスター選手のプレイが見られるリーグということで、大きな話題を集めていた。コーチ陣にもレジェンドがズラリと名を連ね、さながら“シニア版NBA”の様相を呈している。

そんなBIG3は注目度も抜群で、ジェームス・ハーデンを始め現役NBA選手達を含む約15000人の観客がブルックリンに駆け付けたとか。この日行われた試合は4試合。それぞれの結果は以下の通りだ。

1試合目:3-HEADED MONSTERS 62, GHOST BALLERS 60
2試合目:POWER 62, TRI-STATE 58
3試合目:3’S COMPANY 61, BALL HOGS 51
4試合目:TRILOGY 60, KILLER 3s 45

第3試合の3’S COMPANY対BALL HOGS戦では、日本でも絶大な人気を博したアイバーソンが、3’S COMPANYのコーチ兼プレイヤーとして出場。 対するBALL HOGSは今季日本のBリーグで活躍したジョシュ・チルドレスがプレイヤーで出場したほか、あの国民的バスケマンガの主人公がフリースローを“下手投げ”で放つ設定のモデルとなったレジェンド、“リック・バリー”がコーチとして率いるチームである。

https://www.youtube.com/watch?v=7lqJYZhVzPE

出典: www.youtube.com

試合中盤までは、リック・バリー率いるBALL HOGSがリードを奪う。しかし、ハーフタイム明けに3’S COMPANYが9-2のランを見せ、48点で同点に。さらに3’S COMPANYの勢いは止まらず、最終61点に到達する際には13-3の猛攻で、アイバーソン率いる3’S COMPANYが開幕戦を白星で飾った。

注目のアイバーソンは、控えめなプレイで9分間出場し2得点に終わった。アイバーソンはプレイヤーよりもコーチングに重きを置き、このリーグを戦っていくようだ。

何はともあれ、アイバーソン始め引退した多くのプレイヤーやコーチを再び見られることが現実となり、アメリカのバスケ界に新たな1ページを刻む記念すべき日となったことは間違いないだろう。