九州における豪雨の被害が拡大し、死者も出る大惨事となったが、芸能人もこの被害に対し、コメントをしている。

※ 的場浩司オフィシャルブログ ・ヘッダー

 俳優・的場浩司は、「九州地方の雨…まだ続いている様ですね… 映像を目にする度に胸が痛みます… 美しい景色に戻るのはいつなのか… 亡くなってしまった方々の御冥福を祈るばかりです…辛すぎます… 現地の状況を注視しながら自分に出来ることを探ります…」と9日にブログで述べた。的場は、昨年の熊本地震の際も、被災地を慮るメッセージを残していた。

 「俺… 聞いた瞬間に自分の身体中の毛が立ち上がるのが分かりました… 総毛立つ… 3・11の出来事が瞬間的に脳裏に甦り… 次のカットのスタンバイの時間に九州の友人に電話… ですが、何度掛けても繋がらず… 家に電話… 妻に九州の親戚に連絡を取るように伝えました…」このように、被災地に対する思いを昨年もつづり、その10日後にはこう述べていた。「自分に出来る形で熊本・大分への支援をしていこうと想っています。現地の役所に確認をとりボランティア活動をする事… 義援金を寄付する事…義援金を募る事… 物資を送る事… 他にも目に見える形… 目に見えない形… 支援の仕方はたくさんあると思います。同じ国に生きるものとして…自分に出来る支援をしましょう… 人を傷つける行為は…絶対にやってはいけません… 」災害に巻き込まれた人々への思いを的場はこうして発信。熊本の地震の際は、被災地での空き巣行為に対して「あった場所に戻してください…」と訴えるなどしており、被災地への思いを都度表明している。