ユナイテッド、チェルシーと全面戦争? ルカクに続きバカヨコ強奪か

写真拡大

▽マンチェスター・ユナイテッドが、チェルシーの狙うモナコのフランス代表MFティエムエ・バカヨコ(22)の強奪を画策しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。

▽2014年にレンヌからモナコ入りしたバカヨコは、恵まれた体格を生かした守備に特長がある守備的MF。2016-17シーズンにモナコのリーグ・アン制覇とチャンピオンズリーグ4強入りに大きく貢献しており、今年3月にはフランス代表デビューも果たした。

▽先月末にイギリス『BBC』は、アントニオ・コンテ監督が獲得を望むバカヨコの移籍成立を報じたが、その報道から10日近く経ったものの、以降の動きは確認されていない。

▽『サン』の伝えるところによれば、この交渉停滞の間隙を突いたユナイテッドがエバートンから獲得を決めたベルギー代表FWロメル・ルカクに続き、バカヨコの強奪を計画しているという。

▽当初、ユナイテッドはバカヨコ獲得が内定したといわれるチェルシーからセルビア代表MFネマニャ・マティッチの獲得に迫っていたが、ルカク強奪によって態度を硬化させたチェルシー側のブロックによって、同選手の獲得の可能性が消滅。そのため、モナコのブラジル代表DFファビーニョやトッテナムのイングランド代表MFエリック・ダイアーの獲得に切り替えたものの、前者はパリ・サンジェルマンの横槍、後者はトッテナムの拒絶によって、いずれも獲得交渉が難航している模様だ。

▽これを受けて、ユナイテッドはチェルシーとの全面戦争覚悟で以前から獲得候補の一人に挙げていたバカヨコにターゲット変更した模様だ。

▽なお、今回の一件は信憑性が疑われる『サン』の報道だけに、現地ファンの間でも反応が大きく分かれている。だが、先日にイギリス『デイリー・メール』はバカヨコに関するチェルシーとモナコの交渉が停滞し交渉決裂の可能性を報じており、最後まで何が起こるかわからない情勢だ。