9日放送のラジオ番組「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ)で、安住紳一郎アナウンサーが、オランダのトイレで降り掛かった悲劇を明かした。

安住アナはオープニングトークで、オランダに仕事で訪れたことを報告する。そこで驚いたのは、オランダ人の平均身長が184cmで、街には190cm超えの人も大勢いたということだった。このようなことから安住アナは、オランダの男性用小便器の位置がとても高いと考えたとか。

そこで安住アナは、実物を確認しようと地元民御用達のパブを訪れた。トイレに行くと、身長173cmの安住ですら用を足せないと思うほどの高さだったそうで、小便をするには「上に打ち上げるしかない!」と感じたという。

実際に安住アナが挑戦したところ、つま先立ちして足をつったら大変だと思い、なるべく足を開かないようにしたとか。すると、まるで「小便小僧」のようなスタイルになり、安住アナは内心「アジア人屈辱だぜ!」と思ったと振り返っていた。

ちなみに、洗面台は小便器よりも低かったそうで、「こっちでしてやるかいな!」と思ったことも告白していた。

【関連記事】
安住紳一郎アナが理想の小栗旬像を熱弁「パパ話とか聞きたくない」
田中裕二が安住紳一郎アナを本気で嫌った過去「ダチョウ倶楽部をバカにした」
安住紳一郎アナが「レコード大賞」での苦労を告白 天海祐希の身長に合わせてシークレットブーツ