伝説のドラマシリーズの新作、「ツイン・ピークス The Return」がいよいよ放送スタートする。主演のカイル・マクラクランの来日を前に、主人公クーパー捜査官を演じる彼をご紹介しよう!

カイル・マクラクランは1959年生まれの58歳。俳優ケヴィン・スペイシーや元バスケットボール選手マイケル・ジョーダンと同い年だ。母親は地元ワシントン州の公立学区の広報ディレクター、父親は株式仲買人で法律家というから、彼の知的な雰囲気は両親譲りかもしれない。大学卒業後「ツイン・ピークス」のデヴィッド・リンチ監督作『デューン/砂の惑星』(84)で映画デビュー。以来デヴィッド・リンチ作品の常連になる。そして1990年にドラマ「ツイン・ピークス」の放送がスタート。一気にスターダムにのし上がる。

「ツイン・ピークス」後は映画『フリントストーン/モダン石器時代』や『ショーガール』に出演。その後はテレビドラマでの活躍が目立つ。「セックス・アンド・ザ・シティ」ではシャーロットの夫で、性生活に問題ありのマザコン、トレイ・マクドゥーガルを、「デスパレートな妻たち」ではブリーの二番目の夫、完璧主義者で潔癖症のオーソン・ホッジを好演。この他にも日本では、「ママと恋に落ちるまで」のキャプテンや「エージェント・オブ・シールド」のデイジーの父親ドクター、「グッド・ワイフ」ではどことなくとぼけた司法省の役人ジョシュ・パロッティとして姿を見ることができる。また、アニメーション映画『インサイド・ヘッド』では主人公ライリーの父親の声を担当している。

気になるプライベートはというと、映画『ブルーベルベット』で共演したローラ・ダーンや、「ツイン・ピークス」で共演したララ・フリン・ボイルと交際。その後スーパーモデルのリンダ・エヴァンジェリスタと婚約するも、結婚には至らず。2001年に人気番組「プロジェクト・ランウェイ」のプロデューサー、デザリー・グルーバーと結婚。二人には今年9歳になる男の子がおり、カイルのイメージにそっくりの育ちの良さそうな少年がインスタグラムにも度々登場している。

また、ワイン愛好家として知られ、地元ワシントン州にて有名ワイナリーのダンハム・セラーズとの共同で、「Pursued by Bear」というワイナリーを所有している。ここで製造されるワインは評価もなかなかのものだそう。さらに、彼はゴルフの腕前も優れているようで、セレブも多く参戦するダンヒル・リンクス・チャンピオンシップに度々出場している。そして愛犬家でもあるようで、2006年頃には、2匹の愛犬ムーキーとサムを主人公にしたドラマをYouTubeに制作していたこともある。

育ちが良さそうでハンサム、だけどどこかしらおかしな雰囲気がある、という役柄を演じる事が多いカイル・マクラクラン。イメージを裏切らない納得のプロフィールではないだろうか。

息子カルーム・リオン・マクラクラン君と Instagramより