(株式会社キョードーメディアス)

写真拡大 (全3枚)

 ブロードウェイミュージカル『ファインディング・ネバーランド』が、9月8日(金)から24日(日)に東急シアターオーブにて上演される。

 ジョニー・デップが主演し、アカデミー賞7部門にノミネート・作曲賞を受賞するなど話題となった映画『ネバーランド』をダイアン・パウルスの演出で舞台化したミュージカルで不朽の名作『ピーターパン』の知らざれる誕生秘話を実話に基づいて描いた感動のドラマ。

 2015年にブロードウェイで開幕して以来、観る者を魅了し続けている。初の来日公演にあたり、主演のビリー・タイが来日し、本公演の応援サポーターの坂上忍とともに、製作発表が行われた。

 ビリーは「主人公のバリが芸術的な誠実さや、自分自身を探求していく作品です。一番印象的なことは、自分自身を変えるのはいつになっても不可能ではないということ。あらゆる世代の方がそれぞれの感じ方で感動し、実感しながら帰って頂けると思います」と挨拶した。

(株式会社キョードーメディアス)

 サンフランシスコでの舞台を観劇した坂上は、「素晴らしい作品でしたので、全力をあげて応援して行きたい。正直ミュージカルは少し苦手なんですが、半ば強制的に連れていかれ、気づいたら泣かされていました。タイさんは歌がずぬけてすごいんです!大人の心にも、子供の心にも響いて元気を貰える作品です」と熱弁した。

 さらに、2019年に石丸幹二主演で日本人キャスト版が上演されることが発表され、石丸がサプライズ登場。「この作品のキーワードは?」という質問に、「イマジネーション」との同時に回答し、会場から大歓声があがった。

(株式会社キョードーメディアス)

 会場でビリーが劇中から2曲歌唱披露すると、皆、ビリーの伸びやかで美しい歌声に酔いしれた。石丸は「さすが俳優!空気ががらっと変わる!」と絶賛。坂上は「もう、圧倒されました。一声で世界ができちゃうんですね!」と感嘆の声をあげた。

 最後にビリーは「どんな方にも楽しんで頂ける、皆さんの人生を変える素晴らしい作品だと思いますので、ぜひ楽しみにご覧ください」とメッセージを送った。

(編集・柳あきら)