ローマ、MFナインゴランの退団を否定 モウリーニョ監督の関心退く

写真拡大

 ローマがベルギー代表MFラジャ・ナインゴランの退団を否定した。9日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 ナインゴランを巡っては、チェルシーやインテルなど複数のクラブが関心を寄せている。なかでも、マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が同選手に注目しているとされ、今夏の同クラブ加入が噂されていた。

 しかし、今回の報道によると、ローマ側はナインゴランを売却するつもりがないという。クラブ幹部は今夏の移籍市場について、選手補強による戦力強化の必要性を主張。中盤で中心的な役目を担う同選手の放出を否定している。

 ナインゴランは2013−14シーズンにカリアリからローマへ移籍。4年目の今シーズンはセリエA37試合に出場し、クラブのリーグ2位フィニッシュに貢献した。ローマとの契約は2020年6月までとなっている。