吉高由里子&松山ケンイチ「ずっとスッポンポンだった」

写真拡大

沼田まほかるのベストセラー小説を映画化した『ユリゴコロ』(9月23日公開)のキックオフ会見が7月9日に東京国際フォーラムで開催され、吉高由里子、松山ケンイチ、松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、木村多江、熊澤尚人監督が登壇。松山が吉高について「クセが強そうな女の子だと思った」と印象を明かした。

【写真を見る】吉高由里子、肩出しドレス姿がセクシー!

吉高にとって、『僕等がいた 前篇・後篇』でダブル主演を務めて以来、5年ぶりの主演映画となる本作。ある家で、殺人者による手記を発見した青年が、恐ろしき事件の真相に迫っていく姿を描く。

吉高は「いつも脚本を読むのは時間がかかってしまうんですが、今回はあっという間に読み終えた」と脚本の印象を語り、「私は、殺人をする役。そういった役は今までやったことがなかった。すごく興味がわいて、是非やってみたいと思って挑みました」と前のめりで新境地に挑んだという。

松山は「ミステリーだけれど、なかなか見たことのないジャンル」と新鮮さとともに脚本に触れ、「あまり自分がやったことのないもの。由里子ちゃんだし、熊澤監督だし、新しい発見や感覚が得られるんじゃないか。いろんなところに連れて行ってくれるんじゃないかと思った」と共演者の吉高と熊澤監督の存在が一層、興味を掻き立ててくれたと話す。

運命的な出会いを果たす間柄を演じた吉高と松山。ネタバレ厳禁の内容となるため、「ダメだね」「何も言えないね」と苦笑しながら顔を見合わすなど、仲の良い様子を見せたふたり。吉高は「もっとお芝居が見たいなと思う役者さん」と松山に絶大な信頼を寄せた。

松山は「由里子ちゃんと初めて会ったのは10年以上前」と述懐。「クセの強そうな女の子だなと思った」と率直な思いを明かすと、吉高は「ポジティブに書いてくださいね」と報道陣に訴え、会場の笑いを誘った。

さらに松山は「テレビとか見ていても、クセの強い演技だなと思った」と続け、「僕はそういう人が大好き」とニッコリ。「変わったシーンが多かったよね。ふたりともずっとスッポンポンでね」と吉高の顔を見ると、吉高も「スッポンポンでしたね」と同意。ハードな現場だったそうだが、松山は「過酷なシーンもあったけれど、由里子ちゃんだったから一緒に乗り越えられた」と感謝していた。【取材・文/成田おり枝】