アヤックスの新星が試合中に不整脈で昏倒 病院にヘリコプター緊急搬送のアクシデント

写真拡大 (全2枚)

ブレーメンとの親善試合で突然ピッチに座り込み、仰向けに倒れてゲームは中断

 アヤックスの新星MFアブデラク・ヌリが8日、オーストリアで行われたブレーメンとの親善試合の最中に昏倒し、ヘリコプターで病院に緊急搬送されるアクシデントが発生した。

 クラブの発表によれば、心臓が不整脈を起こしていたという。

 試合は後半30分ほどまで経過し、アヤックスは1-2とブレーメンにリードを許していた状況だった。ヌリはプレーに関係のないところで突然ピッチへ座り込むと、そのまますぐに仰向けに倒れた。主審はすぐにゲームを止め、試合は中断。この時点で意識はあり、呼吸をしている様子も確認できたが、ピッチに救急車が入って応急処置がされた後、ヘリコプターで病院へ緊急搬送された。

  クラブは、ヌリが心臓の不整脈を起こしていたと発表。ただし、現在は安定した状態となり、病院で眠っている状況だという。

 20歳のヌリは昨季アヤックスのトップチームにデビューし、リーグ戦とUEFAヨーロッパリーグで計12試合に出場。デビュー戦となったヴィレムII戦(5-0)ではいきなりゴールも決めた。U-15からU-19まで各世代のオランダ代表に名を連ねており、将来を期待されている逸材として知られていた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

【動画】「BOLA.NET」が投稿した親善試合中にヌリを襲ったアクシデント

https://twitter.com/Bolanet/status/883728804165730304

「BOLA.NET」が投稿した親善試合中にヌリを襲ったアクシデント