ヴァスコ本拠地で悲劇…暴徒化したサポーターと警官隊が衝突、一人が死亡

写真拡大

 ブラジル全国選手権第12節が8日に行われ、同じリオ・デ・ジャネイロ州を本拠地とするヴァスコ・ダ・ガマとフラメンゴが対戦。試合終了後、0−1で敗戦となったヴァスコのサポーターが警官隊と衝突した。

 試合終了後、複数のサポーターが塀をよじ登りピッチへ侵入しようとすると、ここで警官隊が催涙スプレーを噴射。その数秒後にはスタンドで爆発が起こり、スタジアムは騒然とした状態に。それでもサポーターの怒りは収まらず、投石やスタジアム内のフェンスを破壊する行為が続いた。

 ブラジルメディア『グローボ』によると一人が死亡。また、爆発の際にガラスが割れ、複数のサポーターが負傷したと報道。なお、この暴動で16人が逮捕されている。