ダウンタウン・松本人志【写真:鶴見菜美子】

写真拡大

 9日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)では、連日のブログや動画、Twitter登校で夫・船越英一郎への糾弾や週刊文春への批判を投稿している松居一代について特集。松本人志が持論を展開した。

 松本は今回の松居と船越の一件を、「犬も食わない」どころが全員が食わされている「日本国中を巻き込んだ夫婦喧嘩」と表現。「間違ったことが嫌いな人・正義感が強い人」だと松居を評したが、「そのベクトルがちょっと変な方に行っている」と口にした。

 さらに松本は「こういう言い方するとあれですけど......」と表現を気にしつつ「暇なんじゃないかと思う」と持論を展開。一般の人は夫婦間や育児などいろいろな悩みを抱えながらも、食べていくために日々働かざるを得ないが、一方子どもも手が離れ、経済的にも余裕がある松居は「相当時間に余裕がある」と語り、そのために思考の方向が夫の浮気などに集中して向かってしまっているのではないかと分析した。「もっと違うことにこれをぶつけて欲しいなぁ」と松本は松居の一連の行動への感想をしみじみとしめくくった。