「プロデュース101」出身イ・ウィウンの写真に“ハッシュタグ”議論…「NYLON」側が謝罪

写真拡大

ファッション誌「NYLON」側が、Mnet「プロデュース101」シーズン2出身のイ・ウィウンと彼のファンに謝罪の意を表明した。

8日「NYLON」側は、公式SNSに「こんにちは、イ・ウィウンと関連した書き込みに対して、お詫び致します。撮影現場の雰囲気が楽しく、メンバーたちとスタッフの全員がイ・ウィウンの衣装について賞賛をしました。足がとても綺麗だと冗談を言い、イ・ウィウン本人や会社側にも足を撮影した写真を確認の上でアップロードに同意しました」と明らかにした。

さらに、「ところが面白くハッシュタグを加えたいと思ったのが、エディターの適切でない言葉のチョイスで物議を起こしてしまいました。遅れてハッシュタグを修正したが、既に多くのファンの方々が削除を要請しており、当書き込みを削除することが望ましいと判断し、削除を完了しました。イ・ウィウンをいつも応援しており、もう一度ファンの方々に申し訳ないという謝罪の言葉をお伝えます」と付け加えた。

イ・ウィウンは最近、ユ・ソンホ、アン・ヒョンソプなどと共に「NYLON」のグラビアインタビューを行った。その後、雑誌社側はSNSにビハインドカットを公開したが、適切でない表現のハッシュタグを付け、ファンの非難を受けた。これに対して公式に謝罪文を掲載し、イ・ウィウンとファンに謝罪の気持ちを伝えたのだ。

イ・ウィウンは先月終了した「プロデュース101」シーズン2にYUEHUA所属の練習生として出演し、アン・ヒョンソプなどと共に国民プロデューサーの心を捕らえた。