タレントの有村藍里が自身のブログで最近の心境をつづった。有村はネット上で容姿について揶揄されることもあったが、吹っ切れたのだという。

有村藍里オフィシャルブログよりスクリーンショット

 「最近本当に吹っ切れたなと自分でも思う。今まで、殻に閉じこもっていたような心ってなんだったんだろう。幼少期からの友人が『あいりは本当に吹っ切れたね。いい意味で変わった!』と言ってくれて嬉しかったなあ。」と述べ、過去の自分や今まで支えてくれた人のおかげで今の自分があり、「『ゆうこやん』として過ごした10年間は本当に宝物で、本名で活動していくこれからもきっと大切な時間になるよね」と続けた。

 「ゆうこやん」はグラビアアイドルを中心として活動していたかつての愛称で、「新井ゆうこ」が芸名だ。有村の最近のぶっちゃけエピソードは話題を呼んでいる。妹・有村架純と違って自分はブサイクであると公言しており、すっぴんの自撮り写真は様々な加工を施していることを明かし、加工アプリや“盛る”コツなどを紹介している。

 また、静止画に比べて動画の落差がすごいとの指摘を受け、静止画には修正ソフトを使っているとも明かす。有村架純の姉であることが知られてから多くの誹謗中傷を受けてきた藍里だが、最近では自然体でありのままの姿に好印象を抱く人も増え、「今メディアが取り上げてくれるのは有村架純の姉だから」と言う謙虚な姿勢に対し応援したいという声も多い。

 読者からは、「過去にとわられず、それを活かし、今をしっかり生きていく。そんな感じが伝わりましたよ」「これからも沢山、テレビや雑誌で見られると嬉しいです」「活躍の幅が広がってきて嬉しいです。そんな生真面目な所が藍里さんの良い所だと思います。またテレビで観れるのを楽しみにしてます」など、今後の活躍を期待する声が多く寄せられている。