アーセナル、モナコMF獲得オファーは空振り 6億円上積みの58億円で再アタック

写真拡大

モナコMFレマル引き抜きを画策するアーセナル 一度目のオファーは拒否される

 アーセナルはモナコのフランス人MFトマ・レマル獲得に動いているが、先日4000万ユーロ(約52億円)のオファーは拒否された。

 しかし、フランス紙「レキップ」はアーセナルがオファー額を6億円上積みし、4500万ユーロ(約58億円)に引き上げて再アタックを仕掛けると報じている。

 アーセナルはリヨンから俊足ストライカーのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットをクラブ史上最高額で獲得。フランスから今度は左利きのテクニシャンを引き抜こうと画策している。一度目のオファーは空振りに終わったが、そう簡単に諦めるつもりはないようだ。

 21歳のレマルは2015年にカーンからモナコへステップアップ。左足から放たれる正確なキックとドリブルが特長で今季はモナコでリーグ戦34試合9得点を記録した。18歳の新星FWキリアン・ムバッペに注目が集まるモナコだが、マンチェスター・シティに移籍したMFベルナルド・シウバとともに攻撃的MFとしてフランス王者を支えたのがこのレマルだった。

 英紙「デイリー・スター」によれば、アーセナルはレマルとプライベートでも仲の良いラカゼットの存在が獲得を後押しする要因になればと考えているとされている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images