「実は『買戻し条項』がある選手で組む!最強ベスト11」

写真拡大 (全2枚)

先日、バルセロナはエヴァートンからFWジェラール・デウロフェウを買い戻すと発表した。

これまでも、レアル・マドリーがDFダニ・カルバハルやFWアルバロ・モラタを買い戻すなど、ビッグクラブが買戻し条項を行使することはままある。

ここでは、『Squawka』による「買い戻し条項のある選手で組むベストイレブン」を見てみよう。

GK:ヘロニモ・ルッリ(アルゼンチン代表/25歳)

現所属:レアル・ソシエダ

買戻し条項を持つクラブ:マンチェスター・シティ

コメント:近年の移籍市場で最もレアなケースのひとつだ。ルッリはマンチェスター・シティに買い取られた後、2014〜2016年までレアル・ソシエダにローンされた。2017年1月に完全移籍となったが、買戻し条項が付帯された。

今夏シティは23歳のブラジル人GKエデルソン・モライスを獲得したことで、クラウディオ・ブラボの去就が不確かなものに。(シティはルッリを買い戻すとも伝えられており、)近年の移籍がどれほど複雑なものになりえるかについての興味深い事例といえる。

CB:ネイザン・アケ(オランダ/22歳)

現所属:ボーンマス

買戻し条項を持つクラブ:チェルシー

コメント:昨季前半戦にボーンマスに貸し出され、素晴らしいパフォーマンスを見せたアケ。それを受けてチェルシーは冬に彼を連れ戻し、FAカップなどで起用した。

だが、出番に恵まれなかったことから、今夏ボーンマスへと完全移籍。ただ、その契約にはチェルシーの買戻し条項が付帯されている。

CB:デドリク・ボヤタ(ベルギー/26歳)

現所属:セルティック

買戻し条項を持つクラブ:マンチェスター・シティ

コメント:シティに定着できずに去った多くの若手CBのひとり。だが、ジェローム・ボアテング、マティヤ・ナスタシッチ、ステファン・サヴィッチらとは異なり、ボヤタは買い戻し条項入りの契約をセルティックと結んだうえで退団した。だが、その行使が必要になることはなさそうに見える。

CB:アンドレウ・フォンタス(スペイン/27歳)

現所属:セルタ

買戻し条項を持つクラブ:バルセロナ

コメント:バルサ出身らしく足元の巧みなDFであるフォンタス。ラ・マシアの卒業生である彼は、バルサ退団後もリーガでいいキャリアを送っている。呼び戻されることはなさそうに思えるが、もしバルサがそれを望めば、買戻し条項を行使して復帰させることができる。

CH:ジョナタン・ドス・サントス(メキシコ/27歳)

現所属:ビジャレアル

買戻し条項を持つクラブ:バルセロナ

コメント:昨夏バルサがビジャレアルから買い戻したMFデニス・スアレスと同じようなケース。2014年にバルサからビジャレアルへ移籍したドス・サントス弟にも買戻し条項が付帯されている。

CH:アーロン・ムーイ(オーストラリア/26歳)

現所属:ハダーズフィールド・タウン

買戻し条項を持つクラブ:マンチェスター・シティ

コメント:プレーオフを制し、プレミアリーグ昇格を決めたハダーズフィールド・タウン。そのなかでムーイは非常に大きな貢献を果たした。昨季はシティからのローンだったが、今夏完全移籍することに。

ただ、シティは買戻し条項なしで退団させることはなかった。なので、もしムーイがプレミアでやれることを証明すれば、グアルディオラは彼を連れ戻すことができる。

OH:アレン・ハリロヴィッチ(クロアチア/21歳)

現所属:ハンブルガーSV

買戻し条項を持つクラブ:バルセロナ

コメント:NEXTモドリッチとも称された天才MFは、2015年にディナモ・ザグレブからバルサへ移籍。だが、トップチームに割って入ることはできず。

ヒホンへのローンを経て、2016年にHSVへと放出された。さらに、2017年1月にはラス・パルマスへレンタル…。とはいえ、ブンデスで活躍した場合には、バルサは買戻し条項を行使して連れ戻すことができる。

RW:ベルトラン・トラオレ(ブルキナファソ/21歳)

現所属:リヨン

買戻し条項を持つクラブ:チェルシー

コメント:昨季はアヤックスに貸し出され、チームのEL決勝進出に貢献したトラオレ。チェルシー復帰後、リヨンへと売却された。

フランスでは買戻し条項は認められていないかもしれないが、クラブや選手などによる別離契約(特別協定)ならば実現可能とされている。チェルシー、トラオレ、リヨンによる回避策だったのかもしれない。

LW:ジェラール・デウロフェウ(スペイン/23歳)

現所属:エヴァートン

買戻し条項を持つクラブ:バルセロナ

コメント:エヴァートンのクーマン監督には重用されなかったデウロフェウ。だが、ミランに貸し出されるとモンテッラ監督のもとでいきいきとプレーし、見事に復活してみせた。

その活躍により、古巣バルサが関心を示すことに。すでに条項を行使すると発表されており、エヴァートンと合意次第、チーム復帰となる。

FW:メンフィス・デパイ(オランダ/23歳)

現所属:リヨン

買戻し条項を持つクラブ:マンチェスター・ユナイテッド

コメント:PSVでブレイクし、2015年にユナイテッド入りした際にはロナウドの後継者として期待された。だが、そのプレッシャーはあまりに大きく、デパイがその期待に応えることはついにできなかった。

モウリーニョのもとでインパクトを残せず、2017年1月にリヨンへと売却された。ただ、トラオレ同様に彼の移籍も公式の文章以上に実は複雑なものになっていると伝えられている。優先交渉権などが盛り込まれているとも…。

FW:エネス・ウナル(トルコ/20歳)

現所属:ビジャレアル

買戻し条項を持つクラブ:マンチェスター・シティ

コメント:シティが引き抜いた際、一躍話題となった大型ストライカー。ローン先のトゥウェンテでブレイクすると、今夏ビジャレルへと完全移籍で放出された。結局、シティでは1分たりともプレーすることはなかったが、しっかり買戻し条項が付帯されている。

グアルディオラ監督はすでに有り余るほどの攻撃陣のオプションを手にしていることから、彼の条項を行使するとしてもまだ先になるはず。とはいえ、将来のスターをみすみす逃してしまうリスクを冒す必要などない。賢いビジネスだ。